元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


| 犬洋服編 | ペット保険編 |

特定疾患に対するペット保険

ペットの保険に加入する際に条件として「特定疾患にかかっていないこと」というのを定めている保険会社があります。
特定疾患にかかっていると完治している証拠がないと加入できない、もしくは完治していても過去に発生している履歴があると加入が難しいということです。
飼い主さんの気持ちとしてはペットが病気だから保険に加入させたいという気持ちのほうが強いと思うのですが、なかなか難しいというのが保険の現状ですね。

特定疾患の中の病気として、犬や猫に感染する「フィラリア病」というのがあります。
フィラリア病は猫には感染する可能性は犬より低いと考えられていますが、まったく感染しないということではありません。
なぜ感染するのかといいますと、蚊が寄生虫を運んでくるからです。
この寄生虫はペットの心臓に寄生するといわれています。寄生虫は全長15センチから20センチくらいあるそうです。
結構長い寄生虫ですね。
この病気にかかってしまうとほかの理由、例えば怪我に備えてですとか手術に備えてという理由で保険に加入させたくても加入できない可能性があるということですので、そうなると結果的にどの病気になっても自己負担で治療をしなければならないということになります。
ですがこのフィラリア病はお薬を継続して飲み続けることで予防ができるそうです。
薬を飲む期間は年単位になるそうなので結構根気がいりますが、それでも予防できるのであればかわいいペットのためですね。
心配なご家庭はぜひ信用できる動物病院に相談されたほうがよいのではないかと思います。

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの手術の際の保険

もしあなたが飼っているペットが大きな病気にかかってしまい、入院し手術までしなくてはならないとなった場合どうしますか?
ペットのことが心配でしょうがないですよね。また、入院中は自分の許にはいないわけですからなおさらのことです。
ペット保険の内容として手術に対する保障を行っているところは大体の保険会社は対象になっています。
手術はそんなに頻繁に起こりえることとは予測されていないので、年間で何度も手術を受けてもすべての手術に対して保障されているわけではありません。大体1年に手術1回までというのが保障の条件となっていることが多いです。
となると、何度も手術をするようになってしまった場合は自己負担の分が発生するということです。
なるべくでしたら手術はかわいいペットのためにも、飼い主さんのためにも避けたい治療方法ですよね。
手術というのは人間の手術でも精神的、肉体的にダメージが大きいものですよね。たった1回であってもペットがダメージを受ける部分は大きいです。日々健康でいてくれることが一番の望みであります。
では年間に1回までしか保障がないけれど、ペットの一生のなかで数回手術になってしまったときはその分毎回保障になるかというとそうではなく、がんの手術含めて一生のうち何回まで、と決まっています。
なので、がんはもちろんですが、何度も言うように手術というのはダメージが大きいので避けたいところであります。
こういうときのために加入しておくとよいのでしょうね。



posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨用の犬服

人間は雨の日に使用する道具は傘が一般的だと思います。TPOによっては雨合羽(レインコート)を着用する方もいらっしゃるでしょう。
人間は二束歩行なのでレインコートの上から傘をさすことができますが、犬は二足歩行ではないので傘をさすわけにはいかないのは言うまでもありません。

飼い主さんは雨の日に犬を散歩させるのにどういった洋服を着せていますか?
夏の雨やつゆ時期は蒸すので洋服は着せない方もいるかもしれませんがレインコートを犬に着せて散歩する光景もよく見かけるようになりました。
犬用のレインコートの生地や感触は取扱店によって若干違ったりその店で特徴としている感触があるようですが、生地の種類自体は3?4種類あるようで厚手で綿の風合いタイプやストレッチがきいていることに重点を置いている生地や犬がはしゃいでもナイロン特有のこすれる音があまりしないように加工してある生地などがあるようです。
共通しているのは「蒸れないこと」というのはどのレインコートをとってみても考えて作られています。

散歩は犬にとって大事な運動の時間ですから、雨の日の散歩のたびに蒸れて気持ち悪い思いをさせてしまったらかわいそうです。
さすがに蒸れないことと言うのはレインコートの基本でもあるかと思います。
雨以外に雪の日や本当に寒い日には防寒用の洋服がわりに着せるという役割も果たしてくれるので1枚持っていると便利ですね。
カラーもたくさん種類があるようです。


posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険は大切

たくさんのペットの保険について述べてきましたが、家族の一員であるペットを思うとやはりお金をかけることは悪いことではないのがわかります。
お洋服や食費にお金をかけるのも良いですが、どうせお金をかけるのであればペットが健康で元気にいつまでも一緒に楽しく暮らせるように保険に少しでもお金をかけてあげることによって安心を買い、急なトラブルにでもあせらずに対応できるということが大切であります。
今、世の中は不況真っ只中です。
そんな暗い世の中でも仕事から帰ってペットの顔を見るだけで私たちは元気と勇気をもらっているのです。
なので、飼い主さん自身が自分を大切にすることももちろん大事ですし、ペットの日々の生活に気を使い長い間なるべく病気や怪我をせずに一緒にすごしていければそれが家族にとって、ペットにとっての幸せでもあるのではないでしょうか。
ペットの保険も規制がかかりだいぶ見直されてきました。
情報なども豊富ですので選ぶときの参考にできるものはたくさんあります。
なので、失敗もしにくいということもあるので、お金を出す以上は完璧を求めたいですが、最初からたくさん不安要素を抱えずにまずは疑問に思うことは保険会社に確認をしてクリアーにしたところで加入した方がよいでしょう。
そして自分が得た情報は果たして合っているのだろうかと違うところから情報を確認してみても良いでしょうし何よりも下調べが大切なのであいまいにはしないことです。


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の保障種類2

ペット保険の保障種類には大きく分けて2種類あります。定率保障タイプと実額保障タイプです。
定率保障タイプは上限があるが、ペット保険会社と提携している病院であれば、すぐに割引が可能ということは説明してきました。
ではもう一つの実額保障タイプとはどういったものなのでしょうか。
あまり聞きなれない言葉ではありますが、これもやはりメリットとデメリットというものがあります。
まずは内容としてですが、入院や怪我、通院、手術などで実際にかかった費用を保障している限度額まで支払う、といったものがこの実額保障タイプというものです。
実額保障タイプの良いところは通常、年間で保障できる回数というのを定めている保険が多いですが、この実額保障タイプについてはそういった回数の定めがないところが最大のメリットです。
なので、病気がちや高齢で病院にいく回数の多いペットを飼っているご家庭ではこういったタイプの保険に加入している方も少なくないと思います。
ただし必ずしも回数の制限がないということではなく、制限がない場合の方が多いというだけですのでそのあたりは回数を定めているのか念のため確認したほうが良いでしょう。
一方、デメリットといいますと、回数の制限がない代わりに保障される年間での金額に制限があるということですので回数が重なったゆえに金額がかさむ場合はこういった保障というのは検討するほうが良いかもしれません。
いずれにしてもメリットとデメリットの両方を踏まえたうえでの選択が一番良いのでペットにとってどちらがより合っているかをよく考えたほうが良いのは言うまでもありません。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬服の必要性

犬に洋服を着せる目的は皮膚や外気からの保護というのは先程から何度か触れてきたのですが、では人間のように真夏に洋服を着せることによって汗を吸収したりする意味もあるのでしょうか。

人間は汗をかきますね、犬は汗をほとんどかかないそうです。
そういえばあれだけ夏でも動く動物なのに大量に汗をかいているのは見たことがありません。
洋服を着せることによって汗を吸収するイメージは人間の洋服の役割の一つにあるようにイメージしてしまいがちです。
ですが汗の吸収という意味で考えてみると犬に洋服を着せる意味はないようです。寒さと暑さのどちらに強いかというと比較的寒さに強いということのようなのでそういった観点から考えて犬には洋服は必要ないという方もたくさんいらっしゃるわけですね。犬は熱の発散が苦手なのだそうです。
根本的なことを考えると毛がある動物というのは犬をはじめ、保温の方を得意としますね。
皮膚が弱い等、洋服を毛の役割の延長で必要としている意外にはむやみに着せるものではないということがよくわかります。
飼い主さんならば愛犬の特徴はよく理解しているのは当然かとおもいますが、ここ最近で皮膚が弱かったりする犬が増えたとはいえ、24時間毎日着せるというのは犬にとってもストレスに感じてしまうかもしません。これまで様々な洋服を紹介しましたが、必要に応じて着せるということ、長時間着せることは避けるということも考えなくてはなりません。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の保障種類1

ペット保険の種類はいくつかあるということをお伝えしてきましたが、プランではなく保障のタイプ別に分けると大きく2つに分かれています。1つ目は「定率保障タイプ」です。
定率保障タイプというのは入院や怪我、通院などの保障内容に対して定率内で給付を保障することを言います。
定率というのはその保険会社やプランによって違いますが、50%から90%となっています。
そして限度額内での保障となりますので上限があるということですね。
90%給付のペット保険はあまり見かけたことがありませんが、だいたい50%から多くても70%のところが多いように見受けられます。
この定率保障タイプの良いところは利用した病院できちんと領収書をもらって保険会社に提出することで、後払いにはなってしまいますが返還という形で給付されます。
また、最大のメリットは、ペット保険会社との提携を結んでいる病院に行けば、清算時に割引が適用となりますので、初期の段階で自己負担が少なくて済むということです。
ですから、動物病院に行くのであれば最初から適用になったほうが後々面倒ではないので、可能であれば近所にペットが加入している保険会社と提携を結んでいる病院があるのかどうかということを確かめておくと、病院にいく際にお金がなくて困ってしまった、ということが避けられますので安心ですね。
では逆にデメリットといえば最初にお伝えしたとおり給付に上限があるということですね。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬服に抵抗がある場合

今は犬の洋服は人間の洋服と同じくらいのブランドや販売店が多くあります。
ここ最近でかなりの数が増えているようです。高級外国ブランドでも取り扱っているのをみかけますが、それなりにお値段も人間の洋服よりも高かったりします。ブランド志向の方もいれば、手作りにとことんこだわっている方様々ですよね。

犬に洋服を着せることについては2つに意見がわかれていますが、犬に洋服を着せることを推奨している動物病院なんかですとそこで洋服を販売しているところもあります。
品数でいえばインターネットショップや専門店に比べて少ないのでしょうが、たまたま動物病院にいって推奨されて初めて犬に洋服を着せる意味を知る場合もあるかとおもいます。
推奨されたからといって必ず洋服を着せなくてはいけないのかとなるとそうではないのかもしれませんが、中には飼い主さんでも犬に洋服を着せることに抵抗があって推奨されたけどなかなか踏み出せずにいるという飼い主さんもいるとおもいます。
まずはいろんな情報を収集することがよいと思います。犬を飼っている家庭はたくさんありますので近所や友人からの情報やサークル本、または他に病院を数件まわってみて考えるということでもよいでしょう。
犬に洋服を着せることに抵抗がある方は1つの情報だけで決めずにいろんな情報を集めた上で着せるか着せないか決めるのも愛犬への思いやりだと思います。安易に着せるのではなくじっくり考えて選択してあげましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険のメリット

もしも自分が飼っているかわいいペットに万が一のことがあったら。それが予測されない突然に起こってしまったとしたら。

考えただけでも怖いですし悲しくてしょうがないですね。
人間の保険には医療保険と終身保険は別になっていることが多く、医療も死亡時も全部保障しているプランは昔に比べたら増えた方ではありますが、その分掛け金がかなりかかってしまいますね。
一方、ペットの保険は医療や怪我はセットになっているのはもちろんのこと、生命保険の役割もついているのです。
なので、ペットの保険に医療保険だけですとか終身保険だけといった分類はされていません。
保険会社のプランの中で細かく入院適用ですとか手術適用という形で分かれています。
こういう意味ではペットの保険は手厚いというメリットに感じられますね。
驚くことに人間の保険では病気の代表である「ガン」についてはガン保険という医療保険とは別途で加入するようになっていますが、これもペットの保険ですとガンに対しての保障も一緒についているというので一つ加入してしまえば、あとはプラン次第でたいがいの事は保険会社での補償範囲となるわけです。
それに加えて掛け金もそんなに高くないのですから、給付金の問題のデメリットやトラブルを除けばメリットもたくさんあるということなのです。
病気以外にも他人に危害を与えてしまった場合なども保証の対象範囲となっているようです。
ですが他人に危害をあたえてしまうのは保障以外にも被害者の方へ申し訳ない気持ちがいつまでも残ってしまうので気をつけたいところです。


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷えと犬洋服

犬のイメージでいうと、小型犬は寒さや暑さに弱く、大型犬は比較的寒さや暑さに強いというイメージを持つ人もいるかもしれません。
特に犬を飼ったことがない方にとっては犬に洋服を着せることが不思議でしょうし、意味もわからないと思うのです。

ですが、寒さや暑さに弱いか強いかというのは犬の体格や大きさに左右されるわけではありません。
大きくて普段はたくましい犬でも寒い時は寒いのです。また、年齢によっても違ってきます。
年を重ねた高齢の犬は特に温度調節が出来なくなってくるので状況に見合った洋服を着せたりすることも必要となってきます。
明らかに自分の毛だけでは寒いのに洋服を着せることに反対して防寒してあげないのは犬にとってストレスの原因となってしまいます。
必要以上の防寒は不要かもしれませんが、室内にいたら部屋を暖かくするとか、厚手の洋服は室内では避けて、靴下を履かせて足元を暖めてあげるとか、犬の洋服アイテムは本当に人間並みにバリエーションがありますので、状況に応じてアイテムや素材などで対応が可能となっています。中でも靴下は床等のひっかき傷を防止し、滑り止めの効果もありますので、飼い主さんにとっても靴下はありがたいアイテムでもありますね。冷え対策は冬だけにとどまらず、夏に長時間のクーラーのつけすぎで冷えないように気を遣ってあげることも大事です。言葉では寒いと言えないので快適な毎日が過ごせるようにしてあげましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険選びの注意

ペットの保険を選ぶ基準は保障内容、給付率、掛け金、保険会社で目玉としている内容等・・さまざまなことを保険会社に相談しながら且つ、知人や加入している人に実際の状況を聞いて確かめることが大切というのは述べてきました。
また、ペットの状況によって後に保障内容を変更したくなってしまった場合にどうしたら良いのかも確認する必要があります。
保険のデメリットの一つとして金銭的なトラブルが多いのがこの業界の特徴です。
給付金をもらう際に審査をするのですが、審査した結果もらえると思い込んでいた給付金の審査が通らずに結果自己負担になってしまったというトラブルも多いのです。
これは予測しないトラブルになりますので、審査基準というのを会社にしっかり確認することがもっとも大切だと力説している方も多いようです。審査の基準があいまいということや、わかりづらく説明されてしまって困惑してしまうようなところは避けたほうが良いといいます 。
また、保険会社を見極めるためにも加入している人はどれくらいいるのかですとか、評判を参考にすると良いでしょう。
口コミというのは会社から取り寄せる資料よりも説得力があり、真実味があります。
今は便利な時代でインターネットでも掲示板などで評判を確認することができますから、ぜひ加入の前に参考資料として目を通しておいてください。
でないと、もし会社が破綻したときにはペット保険というのはそれっきりになってしまい、お金をかけた分損をしてしまうからです。


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紫外線と犬洋服

適度な紫外線を浴びる分には問題ないですが、過度の紫外線を浴びると皮膚がんの原因になったり
日焼けして肌がピリピリして痛かったりと有害なものでもあったりします。
日焼けしてもさほど炎症などおこさずに回復していく人もいますが、全く日焼けをしてはいけない人も中にはいます。
人間にとって過度の紫外線は体に影響があるのと同じように犬にとっても過度の紫外線は影響があります。

黒い毛の犬は光を集めてしまうので白い毛の犬よりも真夏の外線からの影響を受けやすいですが、洋服を着せることによって
過度の紫外線から守ってあげることもできます。
紫外線というのは外にいるときだけに浴びるものではなく、室内にいるときでも多少なりとも浴びていることが多いのです。
なので、すっかり定番になりましたが人間の洋服ではUVカット作用のあるTシャツやジャケットなどの
室内でも紫外線をカットできるように着られる洋服がたくさん出ています。
犬の洋服でも暑さに負けないように様々な工夫がなされていますが、室内で飼われている犬は特に紫外線に弱い犬が多いそうなので、室内でも紫外線をカットできる洋服をきせてあげ、なるべく日のあたり過ぎない部屋で遊ばせてあげるなどの日常生活での配慮が大きな影響を与えます。外で飼っている犬は屋根つきの小屋があれば犬自身の判断で日をよけると思うのですが、特に室内の犬には配慮が必要かと思います。白い毛の犬であっても過度の紫外線はやはり避けてあげるようにしたいものです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機能的な犬洋服

洋服というのはその年毎に流行りや特徴があります。
ですがそれは主にデザインや色に関係するものが多いですが、そういった意味での流行りや特徴は長い目でみると活躍できる時期が定番のデザインよりも寿命が短いのも特徴ですよね。
ですが、定番といった理由意外に息が長いのがその季節の気温などに応じた工夫が施されているもの、つまりは夏で言えば少しでも涼しく着られるもの。冬の洋服でいえば少しでも寒さから身を守ってくれるように工夫されているもの。
といった具合で生地などに工夫がされている洋服は毎年強い見方になってくれるので長く着ることができます。
犬の洋服でもこういった特徴がある洋服はたくさんあり、そのお店独自の作り方によって特徴が違います。

犬は、保温を得意とするので暖める為の優れた機能性よりも、熱を発散することが苦手なので熱を発散させるのに優れた洋服のほうが、犬にとって得意ではない真夏を過ごすには快適かと思われます。
では熱を発散させる洋服はあるのでしょうか。
これも生地に特徴があるのですが、熱の発散といった特徴よりも温度を調節する機能がついている洋服というのがあります。
ですから、温度を調節することによって真夏にこもってしまった熱を下げて快適にするということになるのですね。
これは犬にとっては大変嬉しいのではないでしょうか。人間も真夏の気温で夏バテになるように犬も夏の気温で体力が消耗します。
こういった優れた洋服は助かりますね。


posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の免債期間

ペットを保険に加入させると決めいざ加入をさせたら偶然なのか、加入後まもなく突然病気になってしまったまたは怪我をしてしまった。
保険には入っているけれどまだ掛け金は数回しか払っていない。いったい給付金はもらえるのか?
それとも今回は実費で一定期間払ってからでないと給付されないのか?こういった場合は本当に困ってしまいますね。
唯一ペット保険に加入しておいたという安心感だけがある状態で不安やわからないことばかり。
でもそれが当たり前なのです。保険に加入する前に散々説明は受けたけど、いざペットが病気になったりするとパニックになります。
そうならないために最低限のことは頭に入れておきたいですね。
まずは加入後間もないうちに病気になってしまったら給付は支給されるのでしょうか。
加入後の一定期間は「免債期間」というのがあります。この免債期間というのは何かといいますと、期間としては数十日間です。
その間は病気や怪我に対して保険会社は保障しなくても良いというものです。
なので、免債期間がどれくらいあるのかを契約時に確認することです。数十日といっても病気や怪我は突然あります。
予防できないものに関しては仕方ないかもしれませんが、予防できる範囲のことはこの期間は徹底して予防するべきですね。
せっかく保険に加入して安心したところで免債期間に運悪く病気や怪我になってしまっては残念ですし、避けたいところであります。
これについてはしっかりと把握しておきましょう。


posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の生理



犬にも生理があります。人間の生理のように毎月くるのではなく、年に1回です。
昔は犬用の生理パンツなどなかったこともありますが、犬の習性として生理の時は犬自身でなめて処理をするそうです。

最近は生理の時に専用のパンツをはく犬がいるため犬用の生理パンツというものがでていますが、パンツをはく犬は生理の時だけではなく老犬の介護としても必要だったりします。パンツといえば人間にとっては下着以外の何者でもありませんので下着の上に洋服を着ますね。
犬にとってももちろん下着に匹敵するのですが、販売されている犬用のパンツを見ていただくとわかるように、ファッション性に優れているので洋服みたいにかわいい種類がたくさんあります。
ですから、少し滑稽かもしれませんがパンツをはいただけの姿もかわいいですよね。だからといってパンツだけにしておくのはかわいそうなので洋服は着せてあげなければいけません。
種類としては本当に見た目がオムツのようなものもあれば、フリルやレースがついたかわいらしいデザインのものもあります。
洋服でも触れましたが直接肌につけるという理由や年に1回のデリケートな時期だからという飼い主さんの思いやりでオーガニックの生理用パンツも販売しています。特に皮膚が弱い犬にとってはデリケートな時期はいつも以上に快適に過ごしたいものです。オーガニックであれば心配なく安心して使用できるのが特徴なので選ぶ際のポイントにしてはいかがでしょうか。

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットにかかるお金

ペットを飼っている以上はご飯や予防接種、洋服等のお金はかかります。
かわいいペットは家族同様なので自分は質素にしていても、ペットは質素にしたくないという飼い主さんも多いのではないかと思います。
ペットは家族なのでお金がかるのは当たり前、と思う方のほうが多いとは思いますが飼っているペットの種類によっては月に数万かかってしまう場合もあります。では一生のうちにどれくらいの金額がかかるのでしょうか。
お金に換算してほしくない気持ちはわかりますが、これは大事なことでもあります。月、年間でいくらかかっているのか。
ペットのためにどのくらいのお金を確保すれば快適な生活ができるのかということを知るためでもあります。
保険に加入している場合は毎月の掛け金もあります。犬でいえば治療費は年間で数万。5万円くらいはかかります。
それに加えて食費や洋服代などがありますので、15万から20万は年間でかかることになりますね。
そうなると食費と同じくらい治療日がかかるペットは保険に加入しておくことで給付金により自己負担が少なくなりますので毎月払っている掛け金を年間で計算しても若干負担がやわらぐので、それをお洋服にまわしてあげることもできますね。

いかがでしょうか。とくに高齢や病気がちのペットについては治療費や検査代の方にウエイトを置く必要があります。
プラン変更や会社変更は可能ですので迷っている方は思い切って加入してから考えても良いのではないでしょうか。


posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬洋服の防虫効果

ペットと暮らそう 犬洋服 ペット保険
犬洋服の防虫効果

犬の毛にはノミといった虫がついています。
洋服を着ている犬を見ると「ノミが繁殖したりしないのか」と思うほどフィットした洋服を着ている犬が多いですね。
そんな心配をよそに今の犬の洋服は本当にテーマ別に沿った洋服が豊富なのですが、もちろんその中で防虫効果のある洋服もきちんとあります。

防虫といわれるくらいなので、ノミ意外に蚊などの外部から血を吸うことを目的としてやってくる虫にも効果があるようです。
とくに夏場は虫が多く、黒い毛の犬は特に虫がついていても目立たないのでわかりにくいですし、虫から犬の身を守る為には便利だと思います。ですが、防虫効果となると、肌が弱いのに着せると防虫効果の成分などが皮膚や毛について、犬にダメージや刺激があるのではないかと違う心配もしてしまいますね。
そこは洋服を着せる意味がなくならないように考えて作られているようですので使用されている素材や成分的なものを調べた上で購入されてはいかがでしょうか。また、洗濯をたくさんしてしまったらそのうち防虫効果はなくなってしまうのではないか値段が高いのではないかという心配ごとも発生します。洗濯してどこまで効果が持続するかは、そのメーカーにもよるのだと思いますが、1回や2回の選択で防虫効果がなくなってしまうわけではないので安心してもよいでしょう。
相場としては7000円くらいからが多いようなので虫から守ってあげる目的で試してみるのもよいでしょう。



posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の心得

ペットと暮らそう 犬洋服 ペット保険
ペット保険の心得


ペットが病気や怪我によって病院で治療などを受けた場合、治療費は全額自己負担になることはペットを飼っているご家庭、特に犬や猫を飼っているご家庭はご存知かと思います。
全額自己負担というのは結構な金額になりますが、かといってペットの保険の種類が豊富かというとそうではありません。
一番良いのは病気や怪我をしないことが一番というのは言うまでもありませんが、やはり健康であって病気をしていなくても誤って何かを誤飲してしまい、急いで病院に連れて行ったら結構な金額を負担することになってしまってご飯を節約しなければならなくなった、なんてことがあったらかわいそうですよね。
なので、安心を飼うという意味で保険に入っておくのは良いことです。
掛け金の割に給付金額が少なかった、最初は自己負担で後からお金が戻ってくるので、最初は金銭的につらくなってしまうといったデメリットはありますが、逆を考えると少ない掛け金でいざというときにはやはり助かるものだと思います。
保険というのは自分が思っていたとおりにはならないことが多々あります。
飼い主さんも少ないとはいえ、お金を払っているのですから要望を主張するのは当然のことです。
ですが、犬や猫は一生の内にまったく病気をしない保障はありません。
平均的に犬は予防接種など含め毎年数万かかりますし、猫の場合、毎年犬よりかはかからなくとも、やはり3万円くらいはかかります。
そうなると自己負担で治療費を払うというのはやはり突然な出来事が多いだけにつらいものです。そういった理由から加入される方が多いようです。



posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬洋服の通気性

犬が洋服を着た状態で快適に過ごせるように飼い主さんが一番重点を置いているのはどういうところでしょうか。
着心地は犬にしかわかりませんが、犬にしかわからないからこそ一番よくわかっている飼い主さんそれぞれのこだわりがあるかと思います。特にどれが一番大事、というのはその犬の体質や毛にもよるのでなんとも言えませんが、逆を考えると洋服を着た状態で蒸れたり、苦しかったりすると着心地が悪いのは当然のことですね。

犬には毛があり、本来は洋服を着なくても毛が外からの刺激などを守る役目を果たすのですが、毛だけでは守りきれないので洋服を着せるということですと長時間着せているわけですから毛と洋服の間で蒸れてしまわないように通気性は大事です。
綿などの天然素材は素材自体に通気性が備わっていますが、見た目でも涼しそうなイメージを与えるものとしてはメッシュの生地も通気性面でいうと優れています。夏や露に着るのが主にはなりますが、上質なメッシュの生地ですと型崩れもあまりないですし、耐久性もあるので洋服の生地としては人気があります。
さらにメッシュの生地は伸縮性に優れていますので夏場は暑いので本当は洋服を着たくないのかもしれませんが、こんな夏向けの優れた生地であれば暑さにも負けず、同時に紫外線から守り熱をこもらせずにすむのでお勧めです。
真冬は防寒にならないので活躍できないかもしれませんが、暖かい暖房のきいた室内限定で着せるにはちょうど良いかもしれません。


posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の給付率

ペットの保険に加入する時には保険会社に直接相談されるのが一番よいかと思いますが、それ以外には口コミや知人が加入している保険の内容を聞く方法が選択時の有力なポイントとなります。
実際に加入して給付をもらった方から話を聞くと現在のペット保険の事情やメリット、デメリットが聞けますし同時にアドバイスをもらうことも可能ですよね。今やペットブーム。保険に加入した後に後悔しないように良いところばかりを見て検討するのではなく、きちんとデメリットも把握し納得した上での加入をお勧めします。
では、デメリットとはどういったところがデメリットなのでしょうか。

まずは掛け金に対しての給付率。
これはよく耳にする方もいるでしょうが、人間の保険でも掛け金の割には給付金が少なくて当初の話と違った、ということは聞きますね。
それと同様のことがペットの保険でも言えるようです。
もちろん中には満足だった、助かったという声もありますが、給付金は最高で50%支給とされているところもあり、最高額で半分しか給付されないわけですから、治療内容によっては最高の50%を給付されたとしても自己負担の分が高く感じ、このようなトラブルになることもあるようです。
ですが、最初に給付は最高で50%とうたっている会社であれば最初から認識して加入することになりますので、自己責任の範囲である場合もあります。
めったに病気をしないペットであればそんなに高く感じないかもしれませんが、頻繁に病気をするペットは給付金の還元が高いほうがよいでしょう。



posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
犬洋服 選び方犬洋服 種類犬洋服 役割犬洋服 買い物犬洋服 流行は?犬洋服 採寸犬洋服 汚さない為のオムツ犬洋服 オムツカバー犬洋服 洗濯犬洋服 オーガニックTシャツ犬洋服 フォーマル用犬洋服 夏場の犬洋服犬洋服 冬の犬洋服犬洋服 防寒服犬洋服 リサイクルでの犬服犬洋服 雨用2犬洋服 バリエーション犬洋服 犬の着物犬洋服 犬の袴 犬洋服 リゾート犬洋服 毛玉犬洋服 通気性犬洋服 防虫効果犬洋服 犬の生理犬洋服 機能的な犬洋服犬洋服 紫外線と犬洋服犬洋服 冷えと犬洋服犬洋服 犬服に抵抗がある場合犬洋服 犬服の必要性
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。