元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


| 犬洋服編 | ペット保険編 |

ペットの手術の際の保険

ペットと暮らそう ペット保険
ペットの手術の際の保険



人間でも手術となれば精神的にも肉体的にもダメージは大きい

もしあなたが飼っているペットが大きな病気にかかってしまい、入院し手術までしなくてはならないとなった場合どうしますか?
ペットのことが心配でしょうがないですよね。また、入院中は自分の許にはいないわけですからなおさらのことです。
ペット保険の内容として手術に対する保障を行っているところは大体の保険会社は対象になっています。
手術はそんなに頻繁に起こりえることとは予測されていないので、年間で何度も手術を受けてもすべての手術に対して保障されているわけではありません。大体1年に手術1回までというのが保障の条件となっていることが多いです。
となると、何度も手術をするようになってしまった場合は自己負担の分が発生するということです。
なるべくでしたら手術はかわいいペットのためにも、飼い主さんのためにも避けたい治療方法ですよね。
手術というのは人間の手術でも精神的、肉体的にダメージが大きいものですよね。たった1回であってもペットがダメージを受ける部分は大きいです。日々健康でいてくれることが一番の望みであります。
では年間に1回までしか保障がないけれど、ペットの一生のなかで数回手術になってしまったときはその分毎回保障になるかというとそうではなく、がんの手術含めて一生のうち何回まで、と決まっています。
なので、がんはもちろんですが、何度も言うように手術というのはダメージが大きいので避けたいところであります。
こういうときのために加入しておくとよいのでしょうね。

ペットの保険料1,560円(月払)〜

ペット保険、高いと感じていませんか?

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:08 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨用の犬服(レインコート)

ペットと暮らそう 犬洋服 レインコート
雨用の犬服(レインコート)



人間は雨の日に使用する道具は傘が一般的だと思います。TPOによっては雨合羽(レインコート)を着用する方もいらっしゃるでしょう。
人間は二束歩行なのでレインコートの上から傘をさすことができますが、犬は二足歩行ではないので傘をさすわけにはいかないのは言うまでもありません。

飼い主さんは雨の日に犬を散歩させるのにどういった洋服を着せていますか?
夏の雨やつゆ時期は蒸すので洋服は着せない方もいるかもしれませんがレインコートを犬に着せて散歩する光景もよく見かけるようになりました。
犬用のレインコートの生地や感触は取扱店によって若干違ったりその店で特徴としている感触があるようですが、生地の種類自体は3?4種類あるようで厚手で綿の風合いタイプやストレッチがきいていることに重点を置いている生地や犬がはしゃいでもナイロン特有のこすれる音があまりしないように加工してある生地などがあるようです。
共通しているのは「蒸れないこと」というのはどのレインコートをとってみても考えて作られています。
散歩は犬にとって大事な運動の時間ですから、雨の日の散歩のたびに蒸れて気持ち悪い思いをさせてしまったらかわいそうです。
さすがに蒸れないことと言うのはレインコートの基本でもあるかと思います。
雨以外に雪の日や本当に寒い日には防寒用の洋服がわりに着せるという役割も果たしてくれるので1枚持っていると便利ですね。
カラーもたくさん種類があるようです。



posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 05:58 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの通院保険

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
ペットの通院保険


なんとなくペットの調子が少し悪い様子なので病院に連れて行きたい。または、しばらくの間は病院に通わせなければならない、といった場合に通院保険に加入しておくと金銭面の負担も実費よりは少なくてすむのがペットの通院保険です。動物病院というのは意外と人間が病院に通う範囲の医療費よりも高いのがイメージですが、自己負担ですと実際にそういった声が多いようです。
なので、年間の数日間の通院であっても自己負担ですと急な通院の場合は大変ですよね。

通院保険というのは病気や怪我を理由として病院に通った場合に保障されるものです。
通院保険は入院保険と同じでその都度通った日数で換算するのではなく、やはり年間での累計で何日間通ったという考え方で保障をするようです。やはり通える日数の上限が定められている場合がありますので、保険会社に確認しておきましょう。
通院保険というのは一番利用する確立の高い保険内容かと思います。代表的な犬や猫については金額が一律になっているところもありますし、大きさによって違うところもあります。相場としては5000円くらいから6000円くらいでしょうか。
これは一日の金額です。
わかりやすく表記している保険会社の内容では年間いくらまで、日割りで考えるといくらまでと別途でわかりやすいように説明しているところがありますので内容が明確になっています。
小動物に関しては小さいという理由だからなのか、若干犬や猫よりかは保障が少ないです。これは入院保険も同じですね。



posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの入院保険

ペットと暮らそう ペット保険
ペットの入院保険



大切なペットがなんだか様子がおかしい。
病院に連れて行ったら入院する必要があるといわれてしまって、どうしたらよいのか慌ててしまった・・という経験はありますか?
そんなときにペットの入院保険があればいいのに、もしくはペットに対して入院を保障してくれる保険会社なんてあるのかしらと頭をよぎります。現在はペットの保険を取り扱っている保険会社というのは少ないのが現状ですが取り扱っている会社の保障内容を確認するとわかるように、入院保険というのはついているところが大半です。
なので、通院、手術、入院の3つに対しては保障している会社が多いということです。
保険会社によっては通院保障については条件があるようです。
条件というのは加入しているプランによって入っていたり入っていなかったりするということです。
手術や入院というのは頻繁に起こることではないと思いますが、通院に関しては一番利用する可能性の高いものでありますので、通院保障がどのプランの中にも入っている保険を選んだほうが無難かもしれません。
ペット保険を取り扱っている会社というのは損害保険会社と小額短期保険会社の2種類が現在ペット保険を扱っている会社だそうですが、損害保険会社でもどこの保険会社も全部取り扱っているわけではなく、2から3種類の会社での取り扱いとなります。少ないですが、その分保障もしっかりしていると思います。
保障されている内容については大差ないようですが、対象のペットや金額など、細かいところで差があるのが現在のペット保険となっています。

ペットの保険選びは!【保険スクエアbang!/ペット保険】
posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:34 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リサイクルでの犬服

エコといわれている時代ですが、リサイクルの意識も高まっていますよね。
犬の洋服を手作りしている飼い主さんでリサイクルしているという方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか。
「リサイクルするには?」「何をリサイクルして作ればいいの?」と意識はあるけどなかなか踏み出せない方へ簡単な方法があります。

まず、用意していただくのはお子さんがいるご家庭では着なくなった子供服です。アイテムとしてはTシャツなんかがよいかもしれません。Tシャツが用意できたらTシャツを裏返しにして犬のサイズのラインをつけ、そのラインに沿って生地を縫い合わせます。
縫い合わせたら生地を表にして着せるだけ。時間がない飼い主さんでも簡単に出来る方法です。
お子さんがいないご家庭であれば古着屋さんで売っている失敗しても公開しないくらいのお値段のTシャツを買ってきて練習してみるのもよいでしょう。
サイドを縫い合わせるだけで作れてしまうのでこの方法でしたら枚数をたくさん作ることができますし、綺麗な状態の生地であれば、贈り物としても気持ちがこもったプレゼントで喜ばれるのではないでしょうか。
もともとの柄をそのまま活用できアップリケやフリルなんかをつけてアレンジするだけで雰囲気も変わりますからオリジナルのリサイクル服が出来て楽しいと思います。
特にお子さんがいるご家庭ではお子さんも自分が着ていたお下がりが愛犬に渡るのは嬉しいのではないかと思います。


posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の保障内容

ペットと暮らそう ペット保険
ペット保険の保障内容



かわいいペットが病気になったら・・

ペットの保険に加入した場合、保証される内容としては医療やけがという大きな分類に分けられますが、細かく分けてみると各保険会社で取り扱っている種類は5種類から8種類です。
スタンダードな保障の代表として通院保障はどこの保険会社でも取り扱っています。
通院保障とはペットが急に病気になってしまった、怪我をしてしまったときに病院にいきますね。
その際に適用されるものが通院保障です。これもだいたいの保険会社で同じ内容をうたっていますが、全国どこの病院に行っても保険は適用されるということです。なので、長期滞在先での思わぬハプニングでも滞在先の病院に一定期間通うとなればそこの病院で適用されることになりますので安心です。

では、手術になってしまったらどうなるか。これもほとんどの保険会社ではペットに対する手術の保障も内容に入っています。
通院だけでしたら通う回数にもよりますが自己負担も少なくてすむ場合があるかもしれませんが、手術となってしまうと自己負担の範囲では金銭負担も結構かかってきますし手術の際には術前と術後に何回か通院することが必要となってくることが一般的に考えて多いため、突然の手術でもあわてないで済むように保険に加入しておくとそれが強みとなりますし、金銭的にも不安は取り除けるでしょう。
手術などめったにないかもしれませんが、人間と同じ、ペットにだって何があるかわかりません。
怪我は見た目ですぐに気がつくものではありますが、病気に関してはなかなか気がつかないこともあるかもしれません。
小さい症状でも気がついて対応してあげられればそれが一番ですね。




posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:48 | Comment(0) | ペット保険の保障内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の防寒服

犬に洋服を着せることについて調べていただくと様々な情報があります。内容としては賛否両論です。
犬に洋服を着せる目的は何度か触れたように保護目的はもちろん抜け毛を防ぐといったことがありました。
では「防寒目的」となるとどうでしょう?読んで字のごとく防寒は「寒さを防ぐ」という意味です。
毛は防寒の役目も果たしているのではないか?と思いますね。

そうです、確かに防寒の意味はもちろんありますので防寒のための洋服は必要ないという方もいらっしゃいます。
ただ、短毛種の犬には防寒目的で洋服を着せることは良いのだそうです。

短毛種以外に高齢の犬も気温の変化に対応できなかったりするので効果的と思われます。
小型犬の中でも人気のチワワは寒さに弱いことは結構知られていますね。
チワワ以外にもミニチュアピンシャー、グレートデン等・・意外と寒さに弱い犬の種類は少なくないようです。
毛の短い犬は基本的に寒さには弱いのかもしれませんね。

そうなると必ずしも防寒服は必要ないとは言い切れないですし、逆に必ず必要ということでもないのでしょうが、防寒服を少し持っているだけでも雪の日や本当に気温が低い日には役に立つのではないでしょうか。
今は洋服のアイテム1つ取ってもわかるように種類が人間の洋服と同じ位に豊富です。
ですから、ダウンジャケットのような完全防寒から薄手の上着まで愛犬の性質に合ったものを選んで少しでも寒さを和らげて愛犬に喜んでもらいましょう。


posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の保険料はどれくらい

ペットと暮らそう ペット保険
ペット保険の保険料はどれくらい



ペットの保険料は安いプランですと2000円くらいからあります。
飼っているペットの種類や年齢、大きさによっても変わってくるのですが、高額な保険料ですと2万円くらいもしくはそれ以上の金額がするプランも実際にあります。
2万円以上となってくると中年層の方の人間の保険料とあまり変わらないですね。
とくに犬を保険に加入させる場合には、毎月の保険料は加入するときの体重で決まってくることが多いようです。

なので、そうすると犬を保険に加入させるときは早いうち、体重が軽いうちに加入させてしまうほうがお得ということなのでしょうね。
ただし、最初は金額がリーズナブルに済んでいたとしてもやはり動物も年齢を重ねていきます。
なので、ある一定の年齢になったら保険料が引き上げされることがあります。
一般論として年齢を重ねるとそれだけ病気になる確率が高くなるのかその分月々の保険料に反映されてくるということなのでしょう。
保険加入する動物は犬と猫が基本になっていますが、ご家庭で犬や猫を飼っているのは1匹だけではない家庭もあるのでそうなると動物を複数飼っていてかつ高齢となってくるとそれだけ保険料もかかってくるので飼い主さんとしても大変かとは思います。
少ない掛け金でなるべく病気も怪我もせずに健康にずっと毎日を過ごしてくれると助かりますし、何よりも安心ですね。
やはり生きている動物である以上は健康が第一というのは言うまでもありませんね。
そのためには日々の健康管理がいかに大事かということです。

ペット保険
posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 12:14 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬の犬洋服

ペットと暮らそう 犬洋服
冬の犬洋服



寒い季節に体全体が毛で覆われているペットに洋服を着せる意味は何か、飼い主さんでも1度は考えたことがあるかもしれません。
ペットの毛には意味があり、もちろん保温や外部から身を守るという役割は最初に少し触れましたが、ちゃんと役割を果たしている毛があるにも関わらずなぜ冬に洋服を着ている犬が多いのでしょうか。

冬というのは外部と内部の温度差が激しくなります。冷えというのは人間にもペットにも決してよいものではありません。
室内で飼われている犬が多い現代ではこの外部と内部の温度差でダメージを受けてしまう犬が多いのです。寒さ、いわゆる「冷え」というのは人間にとってもペットにとっても良いものではないですよね。

全部のペットがそうだとは限りませんが、愛犬の毛質、体質をよく理解して洋服で守ってあげる、というのが必要になってきます。
ペットの種類の中では寒さに弱い種類のペットもいるので冷えによって体調を崩してしまわないように勤めるのが飼い主さんのお仕事でもあります。犬の防寒用の服はニットをはじめ、コート類もあります。
ニットは見た目でも温かみを感じますね。気温によっては上着でもフリース素材は本当に暖かいのでオススメです。
せっかく暖かい洋服を着ていても冷たい風を通してしまうようなのでは洋服の意味がないのでその日の気温や天気に合わせてコーディネートできるようにいくつかバリエーションが冬は必要かもしれません。
夏のようにTシャツ1枚というわけにはいかないですが、愛犬を守るために冬用の犬洋服を揃えてあげましょう。

ヒューマングレードなドックフードをお探しの方はこちら♪
posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:29 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォーマル用の犬洋服

犬洋服
フォーマル用の犬洋服


今や様々なバリエーションがある犬洋服。インターネットなどで検索するとフォーマルを取り扱うサイトなどもよく見かけます。
フォーマルといえばスーツやタキシード、ドレスですね。
では犬用のタキシードやドレスは果たしてどんな時に着せればいいの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。


もちろんフォーマルと呼ぶくらいなので何かの儀式ですとかペットパーティーに使用するのですが、例えば愛犬を飼っていた飼い主同士のカップルが結婚する・・自分達がタキシードやウエディングドレスを着て写真を撮るなら愛犬たちを結婚式に招待して同じ格好をさせたい!という理由だったり、ペットである愛犬同士がみごとカップルとして成立したので犬のために結婚式を挙げてあげたい!ですとか、飼い主さん同士の愛犬パーティーなどの会合の際に「普段着じゃかっこ悪いから・・」といった理由など。
理由としては様々です何か記念に残るような時に着せることは共通しています。
犬洋服にフォーマルというのは滑稽にみえるかもしれませんが、これが意外とキマるのですね。
こういったフォーマル服はペット専門のお店で作ってもらう方法が主のようですが、店舗にもよりますがだいたい1ヶ月もあれば期間的には間に合うようです。
洋服以外にペット用アクセサリーとしてティアラやハットもあるのでフルコーディネートでパーティーや式に参加してみてはいかがでしょうか。また、ペットのネームを刺繍してくれるところもあるようなので一生の思い出にネームを入れてあげても記念になってよいのではないでしょうか。



ペットオリジナルブランド『BEICK ASU』春の新作犬用洋服続々入荷中!!

犬洋服 ペット用品 ペットフードならASUKUにお任せください。

皆様のご来店お待ちしております♪

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 05:51 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏場の犬洋服

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
夏場の犬洋服

人間の洋服に季節があるように犬の洋服にももちろん季節はあります。
一番暑い夏に洋服を着せるのはどうなのか、犬が暑がるのではないのかと思う方も少なくないと思います。

確かに犬には保温作用はあるのですが熱を発散させる作用はあまりないのだそうです。
ですから、熱がこもらないようにもちろん厚手の洋服は避けたいものです。では色で考えるとどうなのでしょうか。

私達がもつ色のイメージとしては夏に白っぽいものを着るか黒っぽいものを着るか選ぶとしたらやはり白っぽい色を着る方が多いと思います。
そうです、黒は見た目も暑いイメージが強いですよね。
犬に吸収される熱を少しでもやわらげるためにはやはり白の洋服を夏には着せてあげるのが良いのだそうです。
特に黒い毛の色をした犬には白が適しているのだとか。
見た目が涼しげな白の洋服は、汚れが目立つというデメリットはありますが清潔感もありますし、おしゃれですよね。
イメージからもわかるように黒は光を集める作用がありますので夏場の洋服としては避けたいですが、白い毛の犬に白の洋服を着せると、洋服を着ていることがわかりにくくせっかくのおしゃれも半減してしまうので例えば黒と白のボーダーや縁取りに黒が施されているものなどで楽しんで暑さを軽減させてあげるといいですね。
ちなみに洋服を少し湿らせてから着せてあげると熱を吸収しすぎてしまった体を冷ます効果もあるようなので良いのだそうです。
ぜひ夏には白を選んであげましょう。


posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の給付外は

せっかくかわいいペットを保険に加入させて安心な日々をすごしていてもすべての状況において保障されるわけではないというのは言うまでもありません。
人間の保険でもそうですが、ペットの保険に加入している際に気をつけなければならないことがいくつかあります。

例えていくつか例をあげてみますと、ペットを飼っている飼い主や家族によって生じた怪我は給付の対象にはなりません。
ほかに給付の対象にならないこととなると災害によって負った怪我ですね。
ペットの保険の給付対象は主に医療とはなっていますが、怪我の保障も入っているとはいえ、こういったことについては給付されないので気をつけましょう。ましてや飼い主さんや家族によって発生した怪我については別の問題にもなりかねません。
医療の給付対象外のものについては症状が伴っていない血液検査や検便。
血液検査をしていないからちょうど機会があったので検査しておこうなんていう理由からの血液検査については正当な理由ということではないのですね。流産についても給付の対象にはならないのだそうです。
給付適用外の事例を各保険会社で確認してみると大体の内容は同じです。
適用外の内容は人間の保険の内容と似ていますから、保険に加入している飼い主さんであればすぐに想像がつく内容ばかりですし明らかに故意のものなどは普通に考えて適用されないというのは想像つきますが、内容に目を通すということは必須なので覚えておいたほうが良いと思います。

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の保障

かわいいペットがもし病気や怪我に見舞われたら、それほど飼い主さんにとっては辛いものはないですよね。
わが子のように思うわけですから、自分が代わってあげられたならと考えてしまうものです。
そんな時のためのペットの保険があるわけですが、ではペットの保険とはどんな保障内容になっているのか一番保険を選ぶときに気にするポイントだという方は非常に多いのではと思います。

対象の病気としてはガンを含む動物の病気に対して保障があります。
ただし、中には保障対象外の病気を記載している保険会社もあるので詳しい内容を調べる時には確認するポイントとして覚えておきたいところです。もちろん病気だけでなく怪我も保障の内容に入っています。
動物でも思わぬ事故にあってしまったり、怪我をしてしまったりと何かと心配です。
人間の保険と同じ、対象の病気や怪我には手厚いという特徴はあるようです。
保険会社の特徴として他に挙げられるのは、全国のどこの病院でも保障の対象として受け付けているということです。
例えば旅先やちょっと離れた場所に出かけた際に急に病気になってしまった、どうやら体調が良くないみたいだけど知っている病院ではないし、もし突如入院とかになってしまったらとか、突然の怪我でとにかく近くの病院で手当てをさせてあげなくてはならない場合に全国の病院で適用になるというのはとても心強いですよね。
可能であれば外出先の最寄り病院さえ確認しておけばよいということですね。

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険 の取り扱いは?

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
ペット保険の取り扱い

ペット保険 の取り扱い

ペット保険 を取り扱っている会社はいったいどれくらいあると想像しますか?実は2008年の4月に ペット保険に関する規制がかかった関係もあるのか、種類は少ないのです。
では実際にどのくらいの会社が ペット保険を取り扱っているのでしょう。まずは損害保険会社です。
損害保険会社ですと2、3種類くらいのようです。もう一つは小額短期保険という会社での取り扱いです。



この小額短期保険会社に関しては損害保険会社よりも数種類取り扱いがあるようなのですが、 ペット保険はそれでも決して豊富といえる種類ではないのが現状です。2008年の4月に規制がかかったというのは何に対して規制がかかったのかといいますと、この規制が適用になる前は無認可の団体や業者があったそうなのです。
現在しかるべき法律に基づいて運営をしている以外の保険業者はほとんど無認可だったということですね。
ペット保険はもちろん無認可だからいけないということでは必ずしもないのですが、無認可の業者や団体は結構な数があったそうなのでその団体や業者は規制にあたって損害保険会社や小額短期保険会社に移行した会社もあるのかもしれませんが、撤退した会社もあるかもしれません。
よってこのように決して数が多いとはいえない ペット保険ですが、少ない数なので調べている途中でたくさんの種類を見すぎてしまって困惑してしまったり、迷ってしまったりする心配は少ないのと、きちんとした法律に基づいて運営している会社という安心感がありますね。


大切なペットの保険選びは

保険スクエアbang!/ ペット保険

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 07:36 | Comment(0) | ペット保健の取り扱いは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬用オーガニックTシャツ




犬の洋服でよく見かけるのが「Tシャツ」。散歩している犬でも圧倒的にTシャツを着ている犬が多いですね。
愛犬のTシャツは何枚くらい持っていますか?ここで毎日普段着として大活躍なTシャツについて触れてみたいと思います
使用している素材は綿100%やポリエステルが少々入っている綿と混合の生地が多いです。
人間のTシャツでもそうですね。
そして圧倒的な種類の豊富さには選ぶ飼い主さんも迷ってしまうのではないかというくらいの色や柄ですね。
最近では「エコ」を意識してなのか、オーガニック綿を使用したTシャツも一昔前よりだいぶ増えてきています。
肌の弱い犬が増えている為、皮膚病を持っている犬にはポリエステルなどの化学繊維が入った素材よりもオーガニックコットンのTシャツの方が安心かつ安全というイメージも強いのだと思います。
オーガニックではない素材のTシャツですと相場としては安いものだと1000円未満〜ありますが、オーガニックコットンですと若干お値段が上がるようです。
ですが、ここ最近は愛犬だけでなく、地球のことを考える飼い主さんも多いようなので多少お値段が張ってもオーガニックコットンのTシャツを着せる方も増えるのではないでしょうか。
犬愛犬と共にエコ活動を行うというのも現代には必要なのかもしれませんね。
ちなみに店舗販売でもオーガニックTシャツは販売していますが、ネットショップでも販売しているお店が多いようです。
ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

オリジナルブランド『BEICK ASU』春の新作犬用洋服続々入荷中!!

ペット洋服・ペット用品・ペットフードならASUKUにお任せください。

皆様のご来店お待ちしております♪

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬洋服の洗濯




大事な愛犬のお洋服は、皆さんどのようにお洗濯をしていますか?
一般的には犬の洋服は水に強く、洗濯が簡単に出来る上部な素材を使用していますが、冬などはニット素材なども着用したりしますね。
ニット素材の特徴を単純に考えるとわかるかと思いますが、洗濯機で洗ってしまうとちぢんでしまったり、色が落ちてしまったりと簡単に洗えない素材などは手間がかかってしまいます。


手洗いも良いかもしれませんがやはりそれも時間がないと手間になってしまい、いつも同じ洋服ばかり着せてしまうことになりがちです。ニット素材やちょっとデザインに凝った小物などがついているお洋服は型崩れも心配・・となると、専用の洗剤を使用し付け置き洗いが良いみたいです。10分から長くても1時間近くつけておくだけで汚れが落ちる洗剤が多く販売しているので利用するとよいと思います。
専用の洗剤を使用すれば色落ちも心配せずに生地が長持ちしますし、つけ置き洗いをしたあとは形が崩れないようにハンガーなどで干して乾けば終わりです。非常に簡単に自宅でのクリーニングが可能です。
気をつけていただきたいのはあくまでも素材に合った洗濯方法をすることです。
レーヨンなどの水に弱い素材に関しては長時間つけ置きをしてしまうとちぢんでしまいますので、専用洗剤を使用する場合でも素材を確かめてそれに見合った洗濯をしましょう。どうしても洗濯が難しい場合は、プロのクリーニング屋さんにお任せするのがよいと思います。




posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:29 | Comment(0) | 犬洋服の洗濯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の必要性


ペットを保険に加入させていない飼い主さんはたくさんいると思います。必ずペットを保険に入らせなければいけないのかというとそうではありません。
それは飼い主さんやペットの状況に応じて決めることなのでもちろん必要性を感じない、金銭的なことで加入は難しい等理由があって加入しないペットもたくさんいます。
ですが、万が一病気になったときに病院に連れて行くと意外と治療費が高いことにびっくりすることも少なからず経験している方も多いと思います。
人間と同じで、保険に加入していなければその分たくさんお金を払わなければなりませんが、逆に保険に加入しているペットはいざ病気の時の保障で金銭的負担が少なくて済んだとしても、今までの掛け金をずっと払い続けているわけですからどちらが良いということではないのですね。
ですので、ペットが病気になったときにきちんと適切な治療を受け、回復するまでの面倒をきちんとみてあげれば結果的には良いのです。ただ、保険に加入させたいけど金銭的負担が心配という方は、意外と人間の保険料よりもはるかに掛け金は安く済みますので、納得できる金額であれば保険に加入しておいたほうが無難、ということは言えるでしょう。
掛け金は大体2000円くらいからになっているので大きな負担にはならないと思います。
安めの掛け金ですと保障も少ないかもしれませんが、それでも全く入らないよりかは安心というのが保険の魅力でもありますね。



ペット保険
posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険加入の流れ

ペットの保険に入るまでにどれくらい時間がかかるのか、審査には何か特別なことが必要なのか加入までの流れはどういう形になっているのか等、色々調べていくと種類も豊富ですし、候補を絞ってペットがその保険会社の条件を満たしているかも含め大変な作業ですよね。

加入までの大まかな流れは、まず条件を満たしていることを確認したうえで申し込みをします。
申し込み方法として、インターネットはもちろんですが、書類を請求し書面にて申し込みます。
申し込みがあったところで保険会社は自己申告の内容に沿って確認や審査をします。
審査を行っていないところは審査をする保険会社より若干スムーズかもしれません。審査が通った時点で加入決定となします。
今、流れを説明したところでわかるように、インターネットで申し込みかつ、審査の必要のないところが一番加入までには比較的早いということですね。早いだけが良いということでは決してないのですが、調べるのに時間がかかりすぎてしまって早く加入させてあげたいという方にとっては良いと思います。ですが契約時にはペットの写真も送る必要があるところが多いので加入段階で準備するものに不備がないか確認しましょう。大体は写真、印鑑、必要に応じて健康診断書があれば大丈夫です。
注意としては審査中などの正式加入までの間はもちろん保障対象にはなっていませんので書類や申請をした時点で保障が始まっているわけではないので気をつけましょう


posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬洋服とオムツカバー

では犬にオムツをつけてあんなに動き回る動物なのにズレたりしないのか?機能性はどうなのか?等、疑問があると思います。
これについて触れてみましょう。

まず、素材は紙です。
一般的に想像できる紙オムツですね。人間のあかちゃん用オムツでも代用できるそうですが、代用する場合はしっぽにあたる部分に切り込みを入れてきちんとしっぽが出るようにしてあげます。
次にはズレたりしないのかという心配もありますが、これはきちんとサイドにゴムが入っているので伸縮があります。
ですから、体にさえフィットしてしまえば横漏れは防ぐことができます。
ですが人間と同じようにオムツをつけているだけでは犬も安心感がないでしょう。
ですから、先程も触れたようにオムツの上からお洋服を着せるのもよいですし、犬用のオムツカバーというものもありますので、オムツカバーでもいいですね。
オムツカバーといっても見た目はお洋服みたいに柄や色も豊富でかわいい種類がたくさんあります。
採寸方法としては着丈、胸囲を測るだけです。背中部分があいているデザインが多いですが、このデザインはきちんとオムツがみえないようになっており、フィット感や伸縮性に優れている素材が多いので安心です。
オムツカバーも洋服と同じ感覚で選んであげるとお散歩以外にお出かけの時や介護で使用する時でも一つのおしゃれとして楽しむことが出来ますのでアクセサリーなどと合わせてあげてもいいかもしれないですね。
お持ちでない方はいざという時のためにいかがでしょうか。

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の加入条件

我が子のようにかわいいペットをいざという時のために保険に加入させる際、やはり条件というものが保険会社それぞれにあります。
おおまかな条件はどこの保険会社でも変わらないようです。いくつか例をあげてみましょう。

まずはペットが現在健康であること。
これは条件や審査を必要としているところはどこの保険会社でも条件としている内容です。
他には家庭で飼われているということ。販売目的であったり興行用であったりするペットには適用できないということですね。
過去に特定疾患になっていないか。特定疾患の内容としては心疾患やフィラリア感染症等。
特定疾患の内容は複数ありますので加入の際は確認する必要があります。

仮に今は健康であるが、少し前に病気をしていた場合に加入できるのかどうか。
この場合は現在健康である、病気は完治したということがわかるような証明があれば加入できるところが多いです。
また、加入の際に健康診断が必須なのかということも疑問に思うと思いますが、大体の保険は健康診断を必須としていないようです。
とても楽ですね。加入できる年齢は何歳からなのか。これは保険会社によってまちまちです。
生後間もない赤ん坊の状態から加入できるところは少ないようですが、数ヶ月たったペットであれば加入できるところは多々あるようです。また、加入を継続できる年齢も決まっているようなので確認しておきましょう。
対象動物は犬や猫はもちろんのこと、鳥類やフェレットも加入できる保険を備えている会社もあります。


posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
犬洋服 選び方犬洋服 種類犬洋服 役割犬洋服 買い物犬洋服 流行は?犬洋服 採寸犬洋服 汚さない為のオムツ犬洋服 オムツカバー犬洋服 洗濯犬洋服 オーガニックTシャツ犬洋服 フォーマル用犬洋服 夏場の犬洋服犬洋服 冬の犬洋服犬洋服 防寒服犬洋服 リサイクルでの犬服犬洋服 雨用2犬洋服 バリエーション犬洋服 犬の着物犬洋服 犬の袴 犬洋服 リゾート犬洋服 毛玉犬洋服 通気性犬洋服 防虫効果犬洋服 犬の生理犬洋服 機能的な犬洋服犬洋服 紫外線と犬洋服犬洋服 冷えと犬洋服犬洋服 犬服に抵抗がある場合犬洋服 犬服の必要性
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。