元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


| 犬洋服編 | ペット保険編 |

ペットの保険料

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
ペットの保険料

wan1.jpg


ペット保険は安いプランですと2000円くらいからあります。
飼っているペットの種類や年齢、大きさによっても変わってくるのですが、高額な保険料ですと2万円くらいもしくはそれ以上の金額がするプランも実際にあります。
2万円以上となってくると中年層の方の人間の保険料とあまり変わらないですね。とくに犬を保険に加入させる場合には、毎月の保険料は加入するときの体重で決まってくることが多いようです。
なので、そうすると犬をペット保険に加入させるときは早いうち、体重が軽いうちに加入させてしまうほうがお得ということなのでしょうね。
ただし、最初は金額がリーズナブルに済んでいたとしてもやはり動物も年齢を重ねていきます。
なので、ある一定の年齢になったら保険料が引き上げされることがあります。
一般論として年齢を重ねるとそれだけ病気になる確率が高くなるのかその分月々の保険料に反映されてくるということなのでしょう。
保険加入する動物は犬と猫が基本になっていますが、ご家庭で犬や猫を飼っているのは1匹だけではない家庭もあるのでそうなると動物を複数飼っていてかつ高齢となってくるとそれだけ保険料もかかってくるので飼い主さんとしても大変かとは思います。
少ない掛け金でなるべく病気も怪我もせずに健康にずっと毎日を過ごしてくれると助かりますし、何よりも安心ですね。
やはり生きている動物である以上は健康が第一というのは言うまでもありませんね。
そのためには日々の健康管理がいかに大事かということです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 07:41 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬洋服 毛玉の処理

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
犬洋服 毛玉の処理

犬6.jpg


犬の皮膚を守る為や外出時の抜け毛を極力少なくする為に洋服を着せるという目的があることは何度が述べてきましたが、毎日着る洋服ですから傷みやこすれ、毛玉など洋服のケアも大切にしたいものです。
傷みを防ぐために毎回クリーニングに出すとコストもかかりますし、大変ですよね。
自宅で手がるに洗濯できる洋服が一番便利ですが、洗濯する回数が多いほどデザイン性よりも丈夫な生地を優先して選ぶことも多いと思います。中でも毛玉は犬洋服でも悩みどころの一つでもあります。
毛玉とりで簡単に取るのはよいですが、それを続けていると生地の傷みや生地が薄くなって着てしまうので、どうしても出来てしまうのは仕方ないですが、出来れば未然に防ぎたいですね。

犬洋服で毛玉が出来やすい部分は主にわきの下お腹です。わきの下は前足や後ろ足が動いた時の摩擦が激しい箇所ですので毛玉になるのは想像がつきますね。そんな飼い主さんの悩みに対してお助けグッズが今はあるようです。
毛玉や傷みに対してケアをする専用洗剤や犬服用の毛玉とりもあります。
毛玉になりにくい生地でいえば表面がツルツルしたポリエステル生地アンチピリングフリースが毛玉になりにくいと思います。
洋服を綺麗な状態で長持ちさせるのは難しいですし手間もかかりますが、専用洗剤なども豊富なのでお手入れをしっかりしてあげると犬も気持ちよく洋服を着ていられますし、逆に毛玉だらけの洋服を着せているとなんだかみすぼらしいので気を配ってあげましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:35 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の給付適用外

ペットと暮らそう 犬洋服 ペット保険
ペット保険の適用外



せっかくかわいいペットを保険に加入させて安心な日々をすごしていてもすべての状況において保障されるわけではないというのは言うまでもありません。
人間の保険でもそうですが、ペット保険に加入している際に気をつけなければならないことがいくつかあります。
例えていくつか例をあげてみますと、ペットを飼っている飼い主や家族によって生じた怪我は給付の対象にはなりません。
ほかに給付の対象にならないこととなると災害によって負った怪我ですね。
ペット保険給付対象は主に医療とはなっていますが、怪我の保障も入っているとはいえ、こういったことについては給付されないので気をつけましょう。ましてや飼い主さんや家族によって発生した怪我については別の問題にもなりかねません。
医療の給付適用外のものについては症状が伴っていない血液検査や検便。
血液検査をしていないからちょうど機会があったので検査しておこうなんていう理由からの血液検査については正当な理由ということではないのですね。流産についても給付の対象にはならないのだそうです。
給付適用外の事例を各保険会社で確認してみると大体の内容は同じです。
適用外の内容は人間の保険の内容と似ていますから、保険に加入している飼い主さんであればすぐに想像がつく内容ばかりですし明らかに故意のものなどは普通に考えて適用されないというのは想像つきますが、内容に目を通すということは必須なので覚えておいたほうが良いと思います。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:09 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リサイクルでの犬服

ペットと暮らそう犬洋服とペット保険
リサイクルでの犬服



エコといわれている時代ですが、リサイクルの意識も高まっていますよね。
犬の洋服を手作りしている飼い主さんでリサイクルしているという方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか。
「リサイクルするには?」「何をリサイクルして作ればいいの?」と意識はあるけどなかなか踏み出せない方へ簡単な方法があります。
まず、用意していただくのはお子さんがいるご家庭では着なくなった子供服です。アイテムとしてはTシャツなんかがよいかもしれません。Tシャツが用意できたらTシャツを裏返しにして犬のサイズのラインをつけ、そのラインに沿って生地を縫い合わせます。
縫い合わせたら生地を表にして着せるだけ。時間がない飼い主さんでも簡単に出来る方法です。
お子さんがいないご家庭であれば古着屋さんで売っている失敗しても公開しないくらいのお値段のTシャツを買ってきて練習してみるのもよいでしょう。
サイドを縫い合わせるだけで作れてしまうのでこの方法でしたら枚数をたくさん作ることができますし、綺麗な状態の生地であれば、贈り物としても気持ちがこもったプレゼントで喜ばれるのではないでしょうか。
もともとの柄をそのまま活用できアップリケフリルなんかをつけてアレンジするだけで雰囲気も変わりますからオリジナルのリサイクル服が出来て楽しいと思います。
特にお子さんがいるご家庭ではお子さんも自分が着ていたお下がりが愛犬に渡るのは嬉しいのではないかと思います。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

パグ&フレンチブル用洋服
posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 08:09 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の保障

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
ペット保険の保障




かわいいペットがもし病気や怪我に見舞われたら、それほど飼い主さんにとっては辛いものはないですよね。
わが子のように思うわけですから、自分が代わってあげられたならと考えてしまうものです。
そんな時のためのペット保険があるわけですが、ではペットの保険とはどんな保障内容になっているのか一番保険を選ぶときに気にするポイントだという方は非常に多いのではと思います。
対象の病気としてはガンを含む動物の病気に対して保障があります。
ただし、中には保障対象外の病気を記載している保険会社もあるので詳しい内容を調べる時には確認するポイントとして覚えておきたいところです。もちろん病気だけでなく怪我も保障の内容に入っています。
動物でも思わぬ事故にあってしまったり、怪我をしてしまったりと何かと心配です。
人間の保険と同じ、対象の病気や怪我には手厚いという特徴はあるようです。
保険会社の特徴として他に挙げられるのは、全国のどこの病院でも保障の対象として受け付けているということです。
例えば旅先やちょっと離れた場所に出かけた際に急に病気になってしまった、どうやら体調が良くないみたいだけど知っている病院ではないし、もし突如入院とかになってしまったらとか、突然の怪我でとにかく近くの病院で手当てをさせてあげなくてはならない場合に全国の病院で適用になるというのはとても心強いですよね。
可能であれば外出先の最寄り病院さえ確認しておけばよいということですね。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ




posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 08:25 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の防寒服

ペットと暮らそう ペット保険と犬洋服
犬の防寒服



犬洋服を着せることについて調べていただくと様々な情報があります。内容としては賛否両論です。犬に洋服を着せる目的は何度か触れたように保護目的はもちろん抜け毛を防ぐといったことがありました。
では「防寒目的」となるとどうでしょう?読んで字のごとく防寒は「寒さを防ぐ」という意味です。毛は防寒の役目も果たしているのではないか?と思いますね。
そうです、確かに防寒の意味はもちろんありますので防寒のための洋服は必要ないという方もいらっしゃいます。
ただ、短毛種の犬には防寒目的で洋服を着せることは良いのだそうです。
短毛種以外に高齢の犬も気温の変化に対応できなかったりするので効果的と思われます。
小型犬の中でも人気のチワワは寒さに弱いことは結構知られていますね。
チワワ以外にもミニチュアピンシャー、グレートデン等・・意外と寒さに弱い犬の種類は少なくないようです。
毛の短い犬は基本的に寒さには弱いのかもしれませんね。
そうなると必ずしも防寒服は必要ないとは言い切れないですし、逆に必ず必要ということでもないのでしょうが、防寒服を少し持っているだけでも雪の日や本当に気温が低い日には役に立つのではないでしょうか。
今は洋服のアイテム1つ取ってもわかるように種類が人間の洋服と同じ位に豊富です。
ですから、ダウンジャケットのような完全防寒から薄手の上着まで愛犬の性質に合ったものを選んで少しでも寒さを和らげて愛犬に喜んでもらいましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:17 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の必要性

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
ペット保険の必要性

犬5.jpg

ペット保険に加入させていない飼い主さんはたくさんいると思います。必ずペットを保険に入らせなければいけないのかというとそうではありません。
それは飼い主さんやペットの状況に応じて決めることなのでもちろん必要性を感じない、金銭的なことで加入は難しい等理由があって加入しないペットもたくさんいます。
ですが、万が一病気になったときに病院に連れて行くと意外と治療費が高いことにびっくりすることも少なからず経験している方も多いと思います。
人間と同じで、保険に加入していなければその分たくさんお金を払わなければなりませんが、逆に保険に加入しているペットはいざ病気の時の保障で金銭的負担が少なくて済んだとしても、今までの掛け金をずっと払い続けているわけですからどちらが良いということではないのですね。
ですので、ペットが病気になったときにきちんと適切な治療を受け、回復するまでの面倒をきちんとみてあげれば結果的には良いのです。ただ、保険に加入させたいけど金銭的負担が心配という方は、意外と人間の保険料よりもはるかに掛け金は安く済みますので、納得できる金額であれば保険に加入しておいたほうが無難、ということは言えるでしょう。
掛け金は大体2000円くらいからになっているので大きな負担にはならないと思います。
安めの掛け金ですと保障も少ないかもしれませんが、それでも全く入らないよりかは安心というのが保険の魅力でもありますね。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:56 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬洋服とオムツカバー

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
犬洋服とオムツカバー




では犬にオムツをつけてあんなに動き回る動物なのにズレたりしないのか?機能性はどうなのか?等、疑問があると思います。これについて触れてみましょう。
まず、素材はです。
一般的に想像できる紙オムツですね。人間のあかちゃん用オムツでも代用できるそうですが、代用する場合はしっぽにあたる部分に切り込みを入れてきちんとしっぽが出るようにしてあげます。
次にはズレたりしないのかという心配もありますが、これはきちんとサイドにゴムが入っているので伸縮があります。
ですから、体にさえフィットしてしまえば横漏れは防ぐことができます。ですが人間と同じようにオムツをつけているだけでは犬も安心感がないでしょう。ですから、先程も触れたようにオムツの上から犬洋服を着せるのもよいですし、犬用のオムツカバーというものもありますので、オムツカバーでもいいですね。
オムツカバーといっても見た目はお洋服みたいに柄や色も豊富でかわいい種類がたくさんあります。採寸方法としては着丈、胸囲を測るだけです。背中部分があいているデザインが多いですが、このデザインはきちんとオムツがみえないようになっており、フィット感や伸縮性に優れている素材が多いので安心です。
オムツカバーも洋服と同じ感覚で選んであげるとお散歩以外にお出かけの時や介護で使用する時でも一つのおしゃれとして楽しむことが出来ますのでアクセサリーなどと合わせてあげてもいいかもしれないですね。
お持ちでない方はいざという時のためにいかがでしょうか。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

愛犬生活応援shop★わんネバショッピング
posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 11:24 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険加入の流れ

ペットと暮らそう ペット保険 犬洋服
ペット保険加入の流れ
犬3.jpg

ペット保険に入るまでにどれくらい時間がかかるのか、審査には何か特別なことが必要なのか加入までの流れはどういう形になっているのか等、色々調べていくと種類も豊富ですし、候補を絞ってペットがその保険会社の条件を満たしているかも含め大変な作業ですよね。
加入までの大まかな流れは、まず条件を満たしていることを確認したうえで申し込みをします。
申し込み方法として、インターネットはもちろんですが、書類を請求し書面にて申し込みます。
申し込みがあったところで保険会社は自己申告の内容に沿って確認や審査をします。
審査を行っていないところは審査をする保険会社より若干スムーズかもしれません。審査が通った時点で加入決定となします。
今、流れを説明したところでわかるように、インターネットで申し込みかつ、審査の必要のないところが一番加入までには比較的早いということですね。早いだけが良いということでは決してないのですが、調べるのに時間がかかりすぎてしまって早く加入させてあげたいという方にとっては良いと思います。ですが契約時にはペットの写真も送る必要があるところが多いので加入段階で準備するものに不備がないか確認しましょう。大体は写真、印鑑、必要に応じて健康診断書があれば大丈夫です。
注意としては審査中などの正式加入までの間はもちろん保障対象にはなっていませんので書類や申請をした時点で保障が始まっているわけではないので気をつけましょう

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

大切なペットの保険選びは

保険スクエアbang!/ペット保険

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 05:57 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬の犬洋服

ペットと暮らそう 犬洋服 ペット保険
冬の犬洋服



寒い季節に体全体が毛で覆われている犬に洋服を着せる意味は何か、飼い主さんでも1度は考えたことがあるかもしれません。
動物の毛には意味があり、もちろん保温や外部から身を守るという役割は最初に少し触れましたが、ちゃんと役割を果たしている毛があるにも関わらずなぜ冬に洋服を着ている犬が多いのでしょうか。
冬というのは外部と内部の温度差が激しくなります。冷えというのは人間にも動物にも決してよいものではありません。
室内で飼われている犬が多い現代ではこの外部と内部の温度差でダメージを受けてしまう犬が多いのです。寒さ、いわゆる「冷え」というのは人間にとっても動物にとっても良いものではないですよね。
全部の犬がそうだとは限りませんが、愛犬の毛質、体質をよく理解して洋服で守ってあげる、というのが必要になってきます。
犬の種類の中では寒さに弱い種類の犬もいるので冷えによって体調を崩してしまわないように勤めるのが飼い主さんのお仕事でもあります。犬の防寒用の服はニットをはじめ、コート類もあります。
ニットは見た目でも温かみを感じますね。気温によっては上着でもフリース素材は本当に暖かいのでオススメです。
せっかく暖かい洋服を着ていても冷たい風通してしまうようなのでは洋服の意味がないのでその日の気温や天気に合わせてコーディネートできるようにいくつかバリエーションが冬は必要かもしれません。
夏のようにTシャツ1枚というわけにはいかないですが、愛犬を守るために揃えてあげましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

激レア!デニムキャリー続々入荷★わんネバショッピング

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:34 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の加入条件

ペットと暮らそう ペット保険 犬洋服
ペット保険の加入条件





我が子のようにかわいいペットをいざという時のために保険に加入させる際、やはり条件というものが保険会社それぞれにあります。
おおまかな条件はどこの保険会社でも変わらないようです。いくつか例をあげてみましょう。
まずはペットが現在健康であること。これは条件や審査を必要としているところはどこの保険会社でも条件としている内容です。
他には家庭で飼われているということ。販売目的であったり興行用であったりするペットには適用できないということですね。
過去に特定疾患になっていないか。特定疾患の内容としては心疾患やフィラリア感染症等。特定疾患の内容は複数ありますので加入の際は確認する必要があります。仮に今は健康であるが、少し前に病気をしていた場合に加入できるのかどうか。
この場合は現在健康である、病気は完治したということがわかるような証明があれば加入できるところが多いです。
また、加入の際に健康診断が必須なのかということも疑問に思うと思いますが、大体の保険は健康診断を必須としていないようです。
とても楽ですね。加入できる年齢は何歳からなのか。これは保険会社によってまちまちです。
生後間もない赤ん坊の状態から加入できるところは少ないようですが、数ヶ月たったペットであれば加入できるところは多々あるようです。また、加入を継続できる年齢も決まっているようなので確認しておきましょう。
対象動物や猫はもちろんのこと、鳥類やフェレットも加入できる保険を備えている会社もあります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:21 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬洋服の種類

ペットと暮らそう ペット保険 犬洋服
犬洋服の種類
 




犬洋服にも人間が着る洋服のようにアイテムがたくさんあります。
キャミソール、Tシャツ、トレーナーパーカー、ラップコートやレインコート。意外と幅が広いです。
季節ものですと浴衣、デザインの凝ったものですとドレスやセーラーもあるようです。
金額も幅が広くアイテムにもよりますが、キャミソールなんかだと2700円〜、トレーナーやパーカーは3000円〜5000円。
アウターとなると10000円越えるくらいのもあるようですが、メーカーや素材にもよるかと思います。
それこそTPOに応じて普段着なんかにはラフで可愛いデザインのものを、ちょっと旅行なんかに行くときにはお出かけ着としてデザインにこだわりがあるものを着せたいものですね。
「買うのもいいけど作ってあげたい」と思う飼い主さんも多いようです。
作ってあげればオリジナルになるわけですし、思い出にもなりますよね。でも、人間の洋服ならなんとなく作れる気がするけど・・それこそ雑巾しか縫ったことない・・等、愛犬の洋服とはいえ、難しく感じるかもしれません。子供服とも全く違うものですから。
でも犬の洋服にもちゃんと型紙があるので型紙を使いコツさえつかんでしまえば今まで裁縫をやらなかった人でも意外と出来てしまうようです。
ただ、いくら何でもミシンを使わずに手縫いで作るのはオススメ出来ません。動く動物ですから。
散歩途中で縫い目が裂けてしまったなんて事があったらかわいそうですね。
手作りの際は手縫いを避けましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:40 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険は大切

ペットと暮らそう 犬洋服 ペット保険
ペット保険は大切




たくさんのペットの保険について述べてきましたが、家族の一員であるペットを思うとやはりお金をかけることは悪いことではないのがわかります
犬洋服や食費にお金をかけるのも良いですが、どうせお金をかけるのであればペットが健康で元気にいつまでも一緒に楽しく暮らせるように保険に少しでもお金をかけてあげることによって安心を買い、急なトラブルにでもあせらずに対応できるということが大切であります。
今、世の中は不況真っ只中です。
そんな暗い世の中でも仕事から帰ってペットの顔を見るだけで私たちは元気と勇気をもらっているのです。
なので、飼い主さん自身が自分を大切にすることももちろん大事ですし、ペットの日々の生活に気を使い長い間なるべく病気や怪我をせずに一緒にすごしていければそれが家族にとって、ペットにとっての幸せでもあるのではないでしょうか。
ペットの保険も規制がかかりだいぶ見直されてきました。
情報なども豊富ですので選ぶときの参考にできるものはたくさんあります。
なので、失敗もしにくいということもあるので、お金を出す以上は完璧を求めたいですが、最初からたくさん不安要素を抱えずにまずは疑問に思うことは保険会社に確認をしてクリアーにしたところで加入した方がよいでしょう。
そして自分が得た情報は果たして合っているのだろうかと違うところから情報を確認してみても良いでしょうし何よりも下調べが大切なのであいまいにはしないことです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:27 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の保障種類2

ペットと暮らそう 犬洋服 ペット保険
ペット保険の保障種類2




ペット保険の保障種類には大きく分けて2種類あります。定率保障タイプと実額保障タイプです。
定率保障タイプは上限があるが、ペット保険会社と提携している病院であれば、すぐに割引が可能ということは説明してきました。
ではもう一つの実額保障タイプとはどういったものなのでしょうか。
あまり聞きなれない言葉ではありますが、これもやはりメリットとデメリットというものがあります。
まずは内容としてですが、入院や怪我、通院、手術などで実際にかかった費用を保障している限度額まで支払う、といったものがこの実額保障タイプというものです。
実額保障タイプの良いところは通常、年間で保障できる回数というのを定めている保険が多いですが、この実額保障タイプについてはそういった回数の定めがないところが最大のメリットです。
なので、病気がちや高齢で病院にいく回数の多いペットを飼っているご家庭ではこういったタイプの保険に加入している方も少なくないと思います。
ただし必ずしも回数の制限がないということではなく、制限がない場合の方が多いというだけですのでそのあたりは回数を定めているのか念のため確認したほうが良いでしょう。
一方、デメリットといいますと、回数の制限がない代わりに保障される年間での金額に制限があるということですので回数が重なったゆえに金額がかさむ場合はこういった保障というのは検討するほうが良いかもしれません。
いずれにしてもメリットとデメリットの両方を踏まえたうえでの選択が一番良いのでペットにとってどちらがより合っているかをよく考えたほうが良いのは言うまでもありません。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:26 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬服は本当に必要なの?

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
犬服は本当に必要なの?



犬洋服を着せる目的は皮膚や外気からの保護というのは先程から何度か触れてきたのですが、では人間のように真夏に洋服を着せることによって汗を吸収したりする意味もあるのでしょうか。
人間は汗をかきますね、犬は汗をほとんどかかないそうです。
そういえばあれだけ夏でも動く動物なのに大量に汗をかいているのは見たことがありません。
洋服を着せることによって汗を吸収するイメージは人間の洋服の役割の一つにあるようにイメージしてしまいがちです。
ですが汗の吸収という意味で考えてみると犬に洋服を着せる意味はないようです。寒さと暑さのどちらに強いかというと比較的寒さに強いということのようなのでそういった観点から考えて犬には洋服は必要ないという方もたくさんいらっしゃるわけですね。犬は熱の発散が苦手なのだそうです。
根本的なことを考えると毛がある動物というのは犬をはじめ、保温の方を得意としますね。
皮膚が弱い等、洋服を毛の役割の延長で必要としている意外にはむやみに着せるものではないということがよくわかります。
飼い主さんならば愛犬の特徴はよく理解しているのは当然かとおもいますが、ここ最近で皮膚が弱かったりする犬が増えたとはいえ、24時間毎日着せるというのは犬にとってもストレスに感じてしまうかもしません。これまで様々な洋服を紹介しましたが、必要に応じて着せるということ、長時間着せることは避けるということも考えなくてはなりません。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 07:57 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の保障種類(1)

ペットと暮らそう 犬洋服 ペット保険
ペット保険の保障種類(1)





ペット保険の種類はいくつかあるということをお伝えしてきましたが、プランではなく保障のタイプ別に分けると大きく2つに分かれています。1つ目は「定率保障タイプ」です。
定率保障タイプというのは入院や怪我、通院などの保障内容に対して定率内で給付を保障することを言います。
定率というのはその保険会社やプランによって違いますが、50%から90%となっています。
そして限度額内での保障となりますので上限があるということですね。
90%給付のペット保険はあまり見かけたことがありませんが、だいたい50%から多くても70%のところが多いように見受けられます。
この定率保障タイプの良いところは利用した病院できちんと領収書をもらって保険会社に提出することで、後払いにはなってしまいますが返還という形で給付されます。
また、最大のメリットは、ペット保険会社との提携を結んでいる病院に行けば、清算時に割引が適用となりますので、初期の段階で自己負担が少なくて済むということです。
ですから、動物病院に行くのであれば最初から適用になったほうが後々面倒ではないので、可能であれば近所にペットが加入している保険会社と提携を結んでいる病院があるのかどうかということを確かめておくと、病院にいく際にお金がなくて困ってしまった、ということが避けられますので安心ですね。
では逆にデメリットといえば最初にお伝えしたとおり給付に上限があるということですね。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 07:19 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬洋服に抵抗がある場合

ペットと暮らそう 犬洋服 ペット保険
犬洋服に抵抗がある場合




今は犬洋服は人間の洋服と同じくらいのブランドや販売店が多くあります。
ここ最近でかなりの数が増えているようです。高級外国ブランドでも取り扱っているのをみかけますが、それなりにお値段も人間の洋服よりも高かったりします。ブランド志向の方もいれば、手作りにとことんこだわっている方様々ですよね。

犬洋服を着せることについては2つに意見がわかれていますが、犬に洋服を着せることを推奨している動物病院なんかですとそこで洋服を販売しているところもあります。
品数でいえばインターネットショップや専門店に比べて少ないのでしょうが、たまたま動物病院にいって推奨されて初めて犬に洋服を着せる意味を知る場合もあるかとおもいます。
推奨されたからといって必ず洋服を着せなくてはいけないのかとなるとそうではないのかもしれませんが、中には飼い主さんでも犬洋服を着せることに抵抗があって推奨されたけどなかなか踏み出せずにいるという飼い主さんもいるとおもいます。
まずはいろんな情報を収集することがよいと思います。犬を飼っている家庭はたくさんありますので近所や友人からの情報やサークル本、または他に病院を数件まわってみて考えるということでもよいでしょう。
犬に洋服を着せることに抵抗がある方は1つの情報だけで決めずにいろんな情報を集めた上で着せるか着せないか決めるのも愛犬への思いやりだと思います。安易に着せるのではなくじっくり考えて選択してあげましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:28 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険のメリット

ペットと暮らそう 犬洋服 ペット保険
ペット保険のメリット


フローティング ベスト(愛犬の水遊びに最適)

もしも自分が飼っているかわいいペットに万が一のことがあったら。それが予測されない突然に起こってしまったとしたら。

考えただけでも怖いですし悲しくてしょうがないですね。
人間の保険には医療保険と終身保険は別になっていることが多く、医療も死亡時も全部保障しているプランは昔に比べたら増えた方ではありますが、その分掛け金がかなりかかってしまいますね。
一方、ペットの保険は医療や怪我はセットになっているのはもちろんのこと、生命保険の役割もついているのです。
なので、ペットの保険に医療保険だけですとか終身保険だけといった分類はされていません。
保険会社のプランの中で細かく入院適用ですとか手術適用という形で分かれています。
こういう意味ではペットの保険は手厚いというメリットに感じられますね。
驚くことに人間の保険では病気の代表である「ガン」についてはガン保険という医療保険とは別途で加入するようになっていますが、これもペットの保険ですとガンに対しての保障も一緒についているというので一つ加入してしまえば、あとはプラン次第でたいがいの事は保険会社での補償範囲となるわけです。
それに加えて掛け金もそんなに高くないのですから、給付金の問題のデメリットやトラブルを除けばメリットもたくさんあるということなのです。
病気以外にも他人に危害を与えてしまった場合なども保証の対象範囲となっているようです。
ですが他人に危害をあたえてしまうのは保障以外にも被害者の方へ申し訳ない気持ちがいつまでも残ってしまうので気をつけたいところです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:15 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷えと犬洋服

ペットと暮らそう 犬洋服 ペット保険
冷えと犬洋服




犬のイメージでいうと、小型犬は寒さや暑さに弱く大型犬は比較的寒さや暑さに強いというイメージを持つ人もいるかもしれません。
特に犬を飼ったことがない方にとっては犬に洋服を着せることが不思議でしょうし、意味もわからないと思うのです。

ですが、寒さや暑さに弱いか強いかというのは犬の体格や大きさに左右されるわけではありません。
大きくて普段はたくましい犬でも寒い時は寒いのです。また、年齢によっても違ってきます。
年を重ねた高齢の犬は特に温度調節が出来なくなってくるので状況に見合った洋服を着せたりすることも必要となってきます。
明らかに自分の毛だけでは寒いのに洋服を着せることに反対して防寒してあげないのは犬にとってストレスの原因となってしまいます。
必要以上の防寒は不要かもしれませんが、室内にいたら部屋を暖かくするとか、厚手の洋服は室内では避けて、靴下を履かせて足元を暖めてあげるとか、犬の洋服アイテムは本当に人間並みにバリエーションがありますので、状況に応じてアイテムや素材などで対応が可能となっています。中でも靴下は床等のひっかき傷を防止し、滑り止めの効果もありますので、飼い主さんにとっても靴下はありがたいアイテムでもありますね。冷え対策は冬だけにとどまらず、夏に長時間のクーラーのつけすぎで冷えないように気を遣ってあげることも大事です。
言葉では寒いと言えないので快適な毎日が過ごせるようにしてあげましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:41 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険選びの注意

ペットと暮らそう 犬洋服 ペット保険
ペット保険選びの注意

090212.JPG

ペットの保険を選ぶ基準は保障内容、給付率、掛け金、保険会社で目玉としている内容等・・さまざまなことを保険会社に相談しながら且つ、知人や加入している人に実際の状況を聞いて確かめることが大切というのは述べてきました。
また、ペットの状況によって後に保障内容を変更したくなってしまった場合にどうしたら良いのかも確認する必要があります。
保険のデメリットの一つとして金銭的なトラブルが多いのがこの業界の特徴です。
給付金をもらう際に審査をするのですが、審査した結果もらえると思い込んでいた給付金の審査が通らずに結果自己負担になってしまったというトラブルも多いのです。
これは予測しないトラブルになりますので、審査基準というのを会社にしっかり確認することがもっとも大切だと力説している方も多いようです。審査の基準があいまいということや、わかりづらく説明されてしまって困惑してしまうようなところは避けたほうが良いといいます 。
また、保険会社を見極めるためにも加入している人はどれくらいいるのかですとか、評判を参考にすると良いでしょう。
口コミというのは会社から取り寄せる資料よりも説得力があり、真実味があります。
今は便利な時代でインターネットでも掲示板などで評判を確認することができますから、ぜひ加入の前に参考資料として目を通しておいてください。
でないと、もし会社が破綻したときにはペット保険というのはそれっきりになってしまい、お金をかけた分損をしてしまうからです。


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:21 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
犬洋服 選び方犬洋服 種類犬洋服 役割犬洋服 買い物犬洋服 流行は?犬洋服 採寸犬洋服 汚さない為のオムツ犬洋服 オムツカバー犬洋服 洗濯犬洋服 オーガニックTシャツ犬洋服 フォーマル用犬洋服 夏場の犬洋服犬洋服 冬の犬洋服犬洋服 防寒服犬洋服 リサイクルでの犬服犬洋服 雨用2犬洋服 バリエーション犬洋服 犬の着物犬洋服 犬の袴 犬洋服 リゾート犬洋服 毛玉犬洋服 通気性犬洋服 防虫効果犬洋服 犬の生理犬洋服 機能的な犬洋服犬洋服 紫外線と犬洋服犬洋服 冷えと犬洋服犬洋服 犬服に抵抗がある場合犬洋服 犬服の必要性
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。