元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


| 犬洋服編 | ペット保険編 |

犬洋服の採寸

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
犬洋服の採寸




さて、犬の洋服の選び方について最初に少しだけ触れましたが、サイズを測る際のポイントがあります。
もちろん必要な道具はメジャーですが、メジャーは布製が望ましいでしょう。


まずは前足の付け根回り(胴周り)です。愛犬がじっとしていてくれれば良いのですが、動き回って測りにくい場合は、立った姿勢でも良いかと思います。前足の付け根の採寸は胴のもっとも太い部分を測ります。
測ったサイズに少し余裕があったほうが良いので数センチ(だいたい2?4センチ)プラスした寸法が良いです。

次に首周り。最初に触れましたが首輪の位置より少し下です。前足同様、少し余裕を与えてあげてくださいね。
最後に背丈です。背丈は首の付け根部分からしっぽまでですね。

採寸の際に正しいサイズを確認する為に愛犬をまっすぐ立たせるのが重要です。
でないとメジャーもまっすぐにならないままの採寸になってしまうため、正しいサイズが確認できなくなってしまいます。
実際に測った数字より少し余裕を持たせるくらいのサイズで見るのですからあまり大きくなってしまうと脱げてしまったりしてしまうので注意したいところです。
逆にぴったりしてしまうと毛がつぶれてしまったり、洋服が毛玉になったりしてしまうので採寸の際は慎重に行うのがベストです。


ちなみにサイズを選ぶ際には生地も関連付けて選ぶと良いです。
伸縮性のある生地よりも、伸縮性のない生地のほうが若干動きづらいというのもあるので、伸縮性のない生地を選ぶ時にはワンサイズ上の洋服を選んでも良いでしょう。
最初に触れた首、胴周り、背丈はトップス選びの際に必要な採寸部分ですが、ではボトムを選ぶ時にはどこを採寸すればよいでしょうか。
採寸箇所は3つ。お腹の下の細い箇所、人間で言うウエストですね。あとはウエストを測ったところからしっぽの付け根まで。
最後はしっぽの中心から足元までとなります。

ペットの保険料1,560円(月払)〜

ペット保険、高いと感じていませんか?

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:43 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。