元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


| 犬洋服編 | ペット保険編 |

犬洋服の選び方





momobgyoko.JPG

犬洋服の選び方
ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険

ここ数年で犬を飼う家庭も増加傾向にあるようです。
ペットショップに行っても室内犬の種類が昔より増えているのもそのせいでしょう。
同時に我が子のように可愛い犬にもオシャレさせてあげたいという気持ちから犬グッズもたくさん増えてきていますね。
犬洋服の選び方≫続きはこちら

23rein.jpg
犬洋服の選び方
 │
 ├ 種類
 ├ 役割
 ├ 買い物
 ├ 流行は?
 ├ 採寸
 ├ 汚さない為のオムツ
 ├ オムツカバー
 ├ 洗濯
 ├ オーガニックTシャツ
 ├ フォーマル用
 ├ 夏場の犬洋服
 ├ 冬の犬洋服
 ├ 防寒服
 ├ リサイクルでの犬服
 ├ 雨用28.jpg雨用の犬服
 ├ バリエーション
 ├ 犬の着物
 ├ 犬の袴
 ├ リゾート
 ├ 毛玉
 ├ 通気性
 ├ 防虫効果
 ├ 犬の生理
 ├ 機能的な犬洋服
 ├ 紫外線と犬洋服
 ├ 冷えと犬洋服
 ├ 犬服に抵抗がある場合
 └ 犬服の必要性





posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 19:04 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬洋服の買い物

ペット生活倶楽部
   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

犬洋服の買い物
ペットと暮らそう 犬洋服 ペット保険



愛犬のお洋服は、皆さんはお店で購入していますか?それともネットショップを利用していますか?
ペットショップに洋服が置いてあるのはもちろんですが、最近ではホームセンターの一角にペットのグッズコーナーがあったり大型ショッピングモールにも店舗として構えているお店もよく見かけます。




ネットショップも豊富です。それだけ世間のニーズが増えているのでしょう。
お洋服初心者の方は採寸方法や試着で確実なものを選べるようになるためにまずは店舗で専門のスタッフに相談することがよいと思います。飼っている犬それぞれの体の特徴や肌の特徴があるため愛犬の状態に合った洋服選びをすることが大切です。
スタッフと話すことにより、もしかすると耳寄り情報やためになる知識も教えていただけるかもしれないですね。

ネットショップも店舗独自のスタイルや特徴があります。
手作りする方のために型紙や生地を販売しているところや親切丁寧にアドバイスをメインにしているお店やデザインにこだわって本当にかわいい洋服を取り揃えているお店等。
愛犬がいてもなかなかお店までは足を運べない方にとって、ネットショップは大変便利なものですね。

また、ネットショップなどではオリジナルデザインの洋服もあったりするので、毎回手作りをしている方でも「このデザインは手作りできなさそう」と思うような凝ったものでもその店舗のオリジナルの製品として販売しているところも多く見かけます。
例を言えばドレスやタキシード等。
また、オーダーメイドを利用して飼い主さんが愛犬に着せたいと思うような希望のデザインの洋服を作っていただくのもよいですね。
普段着はたくさん購入できるお手ごろなお店で、特別な洋服はちょっとお金をかけてあげるというのも楽しいですね。





posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 17:36 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬服はなぜ必要なのか

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
犬服の必要なのか

犬洋服を着せる目的は皮膚や外気からの保護というのは先程から何度か触れてきたのですが、では人間のように真夏に洋服を着せることによって汗を吸収したりする意味もあるのでしょうか。
人間は汗をかきますね、犬は汗をほとんどかかないそうです。
そういえばあれだけ夏でも動く動物なのに大量に汗をかいているのは見たことがありません。
洋服を着せることによって汗を吸収するイメージは人間の洋服の役割の一つにあるようにイメージしてしまいがちです。
ですが汗の吸収という意味で考えてみると犬に洋服を着せる意味はないようです。寒さと暑さのどちらに強いかというと比較的寒さに強いということのようなのでそういった観点から考えて犬には洋服は必要ないという方もたくさんいらっしゃるわけですね。犬は熱の発散が苦手なのだそうです。
根本的なことを考えると毛がある動物というのは犬をはじめ、保温の方を得意としますね。
皮膚が弱い等、洋服を毛の役割の延長で必要としている意外にはむやみに着せるものではないということがよくわかります。
飼い主さんならば愛犬の特徴はよく理解しているのは当然かとおもいますが、ここ最近で皮膚が弱かったりする犬が増えたとはいえ、24時間毎日着せるというのは犬にとってもストレスに感じてしまうかもしません。これまで様々な洋服を紹介しましたが、必要に応じて着せるということ、長時間着せることは避けるということも考えなくてはなりません。


人気ブログランキングへ


posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:03 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬洋服の買い物

犬洋服の買い物
ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険


愛犬のお洋服は、皆さんはお店で購入していますか?それともネットショップを利用していますか?
ペットショップに洋服が置いてあるのはもちろんですが、最近ではホームセンターの一角にペットのグッズコーナーがあったり大型ショッピングモールにも店舗として構えているお店もよく見かけます。


ネットショップも豊富です。それだけ世間のニーズが増えているのでしょう。
お洋服初心者の方は採寸方法や試着で確実なものを選べるようになるためにまずは店舗で専門のスタッフに相談することがよいと思います。飼っている犬それぞれの体の特徴や肌の特徴があるため愛犬の状態に合った洋服選びをすることが大切です。
スタッフと話すことにより、もしかすると耳寄り情報やためになる知識も教えていただけるかもしれないですね。

ネットショップも店舗独自のスタイルや特徴があります。
手作りする方のために型紙や生地を販売しているところや親切丁寧にアドバイスをメインにしているお店やデザインにこだわって本当にかわいい洋服を取り揃えているお店等。
愛犬がいてもなかなかお店までは足を運べない方にとって、ネットショップは大変便利なものですね。

また、ネットショップなどではオリジナルデザインの洋服もあったりするので、毎回手作りをしている方でも「このデザインは手作りできなさそう」と思うような凝ったものでもその店舗のオリジナルの製品として販売しているところも多く見かけます。
例を言えばドレスやタキシード等。
また、オーダーメイドを利用して飼い主さんが愛犬に着せたいと思うような希望のデザインの洋服を作っていただくのもよいですね。
普段着はたくさん購入できるお手ごろなお店で、特別な洋服はちょっとお金をかけてあげるというのも楽しいですね。




posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 09:15 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬洋服の役割

犬洋服の役割
ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険

inu1.jpg


愛犬のお洋服は、皆さんはお店で購入していますか?それともネットショップを利用していますか?
ペットショップに洋服が置いてあるのはもちろんですが、最近ではホームセンターの一角にペットのグッズコーナーがあったり大型ショッピングモールにも店舗として構えているお店もよく見かけます。
ネットショップも豊富です。それだけ世間のニーズが増えているのでしょう。
お洋服初心者の方は採寸方法や試着で確実なものを選べるようになるためにまずは店舗で専門のスタッフに相談することがよいと思います。飼っている犬それぞれの体の特徴や肌の特徴があるため愛犬の状態に合った洋服選びをすることが大切です。
スタッフと話すことにより、もしかすると耳寄り情報やためになる知識も教えていただけるかもしれないですね。

ネットショップも店舗独自のスタイルや特徴があります。
手作りする方のために型紙や生地を販売しているところや親切丁寧にアドバイスをメインにしているお店やデザインにこだわって本当にかわいい洋服を取り揃えているお店等。
愛犬がいてもなかなかお店までは足を運べない方にとって、ネットショップは大変便利なものですね。

また、ネットショップなどではオリジナルデザインの洋服もあったりするので、毎回手作りをしている方でも「このデザインは手作りできなさそう」と思うような凝ったものでもその店舗のオリジナルの製品として販売しているところも多く見かけます。
例を言えばドレスやタキシード等。
また、オーダーメイドを利用して飼い主さんが愛犬に着せたいと思うような希望のデザインの洋服を作っていただくのもよいですね。
普段着はたくさん購入できるお手ごろなお店で、特別な洋服はちょっとお金をかけてあげるというのも楽しいですね。






お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 09:42 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いろいろな種類の犬洋服

ペットと暮らそう ペット保険 犬洋服
犬洋服の種類
 




犬洋服にも人間が着る洋服のようにアイテムがたくさんあります。
キャミソール、Tシャツ、トレーナーパーカー、ラップコートやレインコート。意外と幅が広いです。
季節ものですと浴衣、デザインの凝ったものですとドレスやセーラーもあるようです。
金額も幅が広くアイテムにもよりますが、キャミソールなんかだと2700円〜、トレーナーやパーカーは3000円〜5000円。
アウターとなると10000円越えるくらいのもあるようですが、メーカーや素材にもよるかと思います。
それこそTPOに応じて普段着なんかにはラフで可愛いデザインのものを、ちょっと旅行なんかに行くときにはお出かけ着としてデザインにこだわりがあるものを着せたいものですね。
「買うのもいいけど作ってあげたい」と思う飼い主さんも多いようです。
作ってあげればオリジナルになるわけですし、思い出にもなりますよね。でも、人間の洋服ならなんとなく作れる気がするけど・・それこそ雑巾しか縫ったことない・・等、愛犬の洋服とはいえ、難しく感じるかもしれません。子供服とも全く違うものですから。
でも犬の洋服にもちゃんと型紙があるので型紙を使いコツさえつかんでしまえば今まで裁縫をやらなかった人でも意外と出来てしまうようです。
ただ、いくら何でもミシンを使わずに手縫いで作るのはオススメ出来ません。動く動物ですから。
散歩途中で縫い目が裂けてしまったなんて事があったらかわいそうですね。
手作りの際は手縫いを避けましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 07:56 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬洋服の選び方

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
犬洋服の選び方




季節も寒くなり、道では可愛いお洋服を着た犬が散歩している姿もよく見かけるようになりました。
ここ数年で犬を飼う家庭も増加傾向にあるようです。
ペットショップに行っても室内犬の種類が昔より増えているのもそのせいでしょう。
同時に我が子のように可愛い犬にもオシャレさせてあげたいという気持ちから犬グッズもたくさん増えてきていますね。

中でも洋服は定番アイテムになりつつありますが、選び方としてはまず犬の首周り、胴回り、背丈をきちんと計ってあげて正しいサイズの洋服を着せてあげる事が大事です。
首周りの測り方としては首輪の位置より少し下。あまりきつくならないように少しゆとりがあったほうがよいでしょう。
胴回りは前足の後ろ側から。これもやはり少しのゆとりが必要。背丈は首周りからしっぽまで。
次に生地。
とにかく動き回る動物ですから、伸縮性のある生地のほうがよいでしょう。冬なんかはニット素材でも暖かいしかわいいですね。
素材については人間の洋服同様、さまざまな素材がありますが、散歩時にごみがつきにくい素材がいいでしょう。
同時に飼い主側も洗濯しやすく、丈夫な生地を選んでおくと長持ちしますね。

今はオーダーメイドの洋服屋さんもあるようです。とっておきの洋服なんかはオーダーメイドにするといいかもしれません。
あとは何より試着が大事です。表示サイズが合っていても愛犬体型は様々。試着をして愛犬の表情が着心地よさそうにしていればそれが一番です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ




posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 09:26 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットと暮らそう【犬洋服】

ペットと暮らそう 【犬洋服編】

23rein.jpg犬洋服の選び方
犬洋服の種類
犬洋服の役割
犬洋服の買い物
犬の洋服の流行は?
犬洋服の採寸
犬洋服を汚さない為のオムツ
犬洋服とオムツカバー
犬洋服の洗濯
犬用オーガニックTシャツ
フォーマル用の犬洋服
夏場の犬洋服
冬の犬洋服
犬の防寒服
リサイクルでの犬服
8.jpg雨用の犬服
雨用の犬服2
犬洋服のバリエーション
犬の着物
犬の袴
リゾートでの犬洋服
犬洋服の毛玉
犬洋服の通気性
犬洋服の防虫効果
犬の生理
機能的な犬洋服
紫外線と犬洋服
冷えと犬洋服
犬服に抵抗がある場合
犬服の必要性

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 08:00 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の袴

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
犬の袴




犬洋服の中でも着物があることにはご存知ない方にとってはちょっとびっくりしますね。
着物があるということは犬の袴もちゃんとあるのです。すごいですね。やはり帯もきちんとセットになっているお店が多いのでわざわざアイテムごとに探さなくても簡単に揃えることができます。
では選ぶときにどう選んだらよいか。
着物と同じように厚手であること、しわになりにくい生地を使用していることが選ぶ時のポイントではないでしょうか。
着物や普段の洋服のように決して色使いが豊富ではないので素材が勝負とも言えるでしょう。だいたい無地が基本になっていますね。
もちろん犬の毛も柄があるわけではないので着せた感じは着物のように色や柄をたくさん楽しめるわけではありませんが、素材の良い袴を選んであげることによって犬も肌触りや感触も違うでしょうし、ここは差をつけるところのようです。
コーディネートとしては非常に簡単ではありますが、犬の毛の色に合った配色にしてあげることによって高級感や見え方はかなり違ってきます。
薄い茶色の毛の犬は強弱をつける為に濃い目の茶色の生地をメインにしてあげたりとか、または抹茶色のような品のあるお色を着せてあげても男らしい感じがでてかっこいいですね。
中型犬に袴を着せると貫禄もでて本当にかっこいいですね。着物もそうですが、袴も着崩れしてしまうと非常にだらしなく見えてしまいます。ですから、着崩れしないようにはじめにしっかりと着せてあげるのが大きなポイントでもあります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 08:48 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の着物

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
犬の着物




着物柄の洋服は普段着で活躍できるアイテムですが、では犬用の着物ってあるのでしょうか。
あります。犬にも着物があります。本当に人間が着るように帯もついていますし、着せ方も人間が着るような着せ方になっています。
さすがに洋服のバリエーションをつけたくても本物の着物となっては普段には着られませんから、やはりフォーマルな場で着せることになります。着る機会は年間で少ないとは思いますが、犬用の着物について触れてみたいと思います。
まずは素材です。
こだわったお店では絹100%を使用している店もあります。
他にポリエステルやブロードといった絹に似せた感じの生地もあるようですが、やはりそこは絹のすばらしい所。
絹の感触や風合い、色の発色は他の生地では出せないものです。着せた感じは他の生地と比べると結構違うようです。
簡単に扱えるといった面ではポリエステルも魅力ではありますが、科学繊維は通気性が悪いといったデメリットがありますので、お値段や使用する理由によって選べばよいですね。
価格はサイズにもよりますが1万5千円くらいから4万や5万くらいする着物もあります。お安いものでも結構なお値段しますね。
次に着物には帯が必要です。帯の種類もリボン結びをはじめとする文庫結びや花流水もあります。
作ってくれるお店で帯が取れないように工夫してあるものが多いので着物を作ってもらう際にはきちんと価格や素材を相談することが一番よいと思います。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

犬のポータルサイトPetCが主催する、ペットブログランキング!
posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:15 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬洋服のバリエーション

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
犬洋服のバリエーション




愛犬の洋服を選んでいるときに気がついたら同じような服ばかりだった、なんて事はありませんか?
犬の洋服で普段着てもあらたまっていない、何か変わった洋服はないかな?と変化を求めたくなることはあると思います。
でも変わった服といっても具体的に思い浮かばなかったりフォーマルっぽくなってしまうものしか浮かばなかったりと、結局ローテーションで同じ服が1週間に何回か登場してしまう・・ということになりがちです。
確かにデザインや色、柄は豊富ではあっても選ぶのは飼い主さんですよね。飼い主さんの好みが偏ってしまえば同じような洋服ばかりになってしまいます。
そこでオススメなのが「着物柄」
着物柄は人間の洋服でもリメイクとして見かけたりしますが、リメイクとはいえ、人間が着るとちょっとインパクトが強いので避けてしまいがちですが、犬に着せるには色使いが豊富な着物柄というのはかわいらしいですし変化もつけられます。
着物柄は実に無数の柄があるので、着物柄で種類を揃えても印象が違うのでそれだけで楽しめるし、生地も丈夫です。ただし、ストレッチ性には欠けてしまうかもしれませんがたまには良いと思います。
手作りの方は、今はリサイクルショップで着物がお手ごろなお値段で売っていますので友人達と生地を分け合って作るのもアイデアではないでしょうか。
古着ということと柄がたくさんあるので汚れもあまり気にしなくて済みますし、着物がお好きな飼い主さんであればより楽しく着せてあげられますね。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ





posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 07:31 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬洋服 毛玉の処理

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
犬洋服 毛玉の処理

犬6.jpg


犬の皮膚を守る為や外出時の抜け毛を極力少なくする為に洋服を着せるという目的があることは何度が述べてきましたが、毎日着る洋服ですから傷みやこすれ、毛玉など洋服のケアも大切にしたいものです。
傷みを防ぐために毎回クリーニングに出すとコストもかかりますし、大変ですよね。
自宅で手がるに洗濯できる洋服が一番便利ですが、洗濯する回数が多いほどデザイン性よりも丈夫な生地を優先して選ぶことも多いと思います。中でも毛玉は犬洋服でも悩みどころの一つでもあります。
毛玉とりで簡単に取るのはよいですが、それを続けていると生地の傷みや生地が薄くなって着てしまうので、どうしても出来てしまうのは仕方ないですが、出来れば未然に防ぎたいですね。

犬洋服で毛玉が出来やすい部分は主にわきの下お腹です。わきの下は前足や後ろ足が動いた時の摩擦が激しい箇所ですので毛玉になるのは想像がつきますね。そんな飼い主さんの悩みに対してお助けグッズが今はあるようです。
毛玉や傷みに対してケアをする専用洗剤や犬服用の毛玉とりもあります。
毛玉になりにくい生地でいえば表面がツルツルしたポリエステル生地アンチピリングフリースが毛玉になりにくいと思います。
洋服を綺麗な状態で長持ちさせるのは難しいですし手間もかかりますが、専用洗剤なども豊富なのでお手入れをしっかりしてあげると犬も気持ちよく洋服を着ていられますし、逆に毛玉だらけの洋服を着せているとなんだかみすぼらしいので気を配ってあげましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:35 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リサイクルでの犬服

ペットと暮らそう犬洋服とペット保険
リサイクルでの犬服



エコといわれている時代ですが、リサイクルの意識も高まっていますよね。
犬の洋服を手作りしている飼い主さんでリサイクルしているという方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか。
「リサイクルするには?」「何をリサイクルして作ればいいの?」と意識はあるけどなかなか踏み出せない方へ簡単な方法があります。
まず、用意していただくのはお子さんがいるご家庭では着なくなった子供服です。アイテムとしてはTシャツなんかがよいかもしれません。Tシャツが用意できたらTシャツを裏返しにして犬のサイズのラインをつけ、そのラインに沿って生地を縫い合わせます。
縫い合わせたら生地を表にして着せるだけ。時間がない飼い主さんでも簡単に出来る方法です。
お子さんがいないご家庭であれば古着屋さんで売っている失敗しても公開しないくらいのお値段のTシャツを買ってきて練習してみるのもよいでしょう。
サイドを縫い合わせるだけで作れてしまうのでこの方法でしたら枚数をたくさん作ることができますし、綺麗な状態の生地であれば、贈り物としても気持ちがこもったプレゼントで喜ばれるのではないでしょうか。
もともとの柄をそのまま活用できアップリケフリルなんかをつけてアレンジするだけで雰囲気も変わりますからオリジナルのリサイクル服が出来て楽しいと思います。
特にお子さんがいるご家庭ではお子さんも自分が着ていたお下がりが愛犬に渡るのは嬉しいのではないかと思います。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

パグ&フレンチブル用洋服
posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 08:09 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の防寒服

ペットと暮らそう ペット保険と犬洋服
犬の防寒服



犬洋服を着せることについて調べていただくと様々な情報があります。内容としては賛否両論です。犬に洋服を着せる目的は何度か触れたように保護目的はもちろん抜け毛を防ぐといったことがありました。
では「防寒目的」となるとどうでしょう?読んで字のごとく防寒は「寒さを防ぐ」という意味です。毛は防寒の役目も果たしているのではないか?と思いますね。
そうです、確かに防寒の意味はもちろんありますので防寒のための洋服は必要ないという方もいらっしゃいます。
ただ、短毛種の犬には防寒目的で洋服を着せることは良いのだそうです。
短毛種以外に高齢の犬も気温の変化に対応できなかったりするので効果的と思われます。
小型犬の中でも人気のチワワは寒さに弱いことは結構知られていますね。
チワワ以外にもミニチュアピンシャー、グレートデン等・・意外と寒さに弱い犬の種類は少なくないようです。
毛の短い犬は基本的に寒さには弱いのかもしれませんね。
そうなると必ずしも防寒服は必要ないとは言い切れないですし、逆に必ず必要ということでもないのでしょうが、防寒服を少し持っているだけでも雪の日や本当に気温が低い日には役に立つのではないでしょうか。
今は洋服のアイテム1つ取ってもわかるように種類が人間の洋服と同じ位に豊富です。
ですから、ダウンジャケットのような完全防寒から薄手の上着まで愛犬の性質に合ったものを選んで少しでも寒さを和らげて愛犬に喜んでもらいましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:17 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬洋服とオムツカバー

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
犬洋服とオムツカバー




では犬にオムツをつけてあんなに動き回る動物なのにズレたりしないのか?機能性はどうなのか?等、疑問があると思います。これについて触れてみましょう。
まず、素材はです。
一般的に想像できる紙オムツですね。人間のあかちゃん用オムツでも代用できるそうですが、代用する場合はしっぽにあたる部分に切り込みを入れてきちんとしっぽが出るようにしてあげます。
次にはズレたりしないのかという心配もありますが、これはきちんとサイドにゴムが入っているので伸縮があります。
ですから、体にさえフィットしてしまえば横漏れは防ぐことができます。ですが人間と同じようにオムツをつけているだけでは犬も安心感がないでしょう。ですから、先程も触れたようにオムツの上から犬洋服を着せるのもよいですし、犬用のオムツカバーというものもありますので、オムツカバーでもいいですね。
オムツカバーといっても見た目はお洋服みたいに柄や色も豊富でかわいい種類がたくさんあります。採寸方法としては着丈、胸囲を測るだけです。背中部分があいているデザインが多いですが、このデザインはきちんとオムツがみえないようになっており、フィット感や伸縮性に優れている素材が多いので安心です。
オムツカバーも洋服と同じ感覚で選んであげるとお散歩以外にお出かけの時や介護で使用する時でも一つのおしゃれとして楽しむことが出来ますのでアクセサリーなどと合わせてあげてもいいかもしれないですね。
お持ちでない方はいざという時のためにいかがでしょうか。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

愛犬生活応援shop★わんネバショッピング
posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 11:24 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬の犬洋服

ペットと暮らそう 犬洋服 ペット保険
冬の犬洋服



寒い季節に体全体が毛で覆われている犬に洋服を着せる意味は何か、飼い主さんでも1度は考えたことがあるかもしれません。
動物の毛には意味があり、もちろん保温や外部から身を守るという役割は最初に少し触れましたが、ちゃんと役割を果たしている毛があるにも関わらずなぜ冬に洋服を着ている犬が多いのでしょうか。
冬というのは外部と内部の温度差が激しくなります。冷えというのは人間にも動物にも決してよいものではありません。
室内で飼われている犬が多い現代ではこの外部と内部の温度差でダメージを受けてしまう犬が多いのです。寒さ、いわゆる「冷え」というのは人間にとっても動物にとっても良いものではないですよね。
全部の犬がそうだとは限りませんが、愛犬の毛質、体質をよく理解して洋服で守ってあげる、というのが必要になってきます。
犬の種類の中では寒さに弱い種類の犬もいるので冷えによって体調を崩してしまわないように勤めるのが飼い主さんのお仕事でもあります。犬の防寒用の服はニットをはじめ、コート類もあります。
ニットは見た目でも温かみを感じますね。気温によっては上着でもフリース素材は本当に暖かいのでオススメです。
せっかく暖かい洋服を着ていても冷たい風通してしまうようなのでは洋服の意味がないのでその日の気温や天気に合わせてコーディネートできるようにいくつかバリエーションが冬は必要かもしれません。
夏のようにTシャツ1枚というわけにはいかないですが、愛犬を守るために揃えてあげましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

激レア!デニムキャリー続々入荷★わんネバショッピング

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:34 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬洋服の種類

ペットと暮らそう ペット保険 犬洋服
犬洋服の種類
 




犬洋服にも人間が着る洋服のようにアイテムがたくさんあります。
キャミソール、Tシャツ、トレーナーパーカー、ラップコートやレインコート。意外と幅が広いです。
季節ものですと浴衣、デザインの凝ったものですとドレスやセーラーもあるようです。
金額も幅が広くアイテムにもよりますが、キャミソールなんかだと2700円〜、トレーナーやパーカーは3000円〜5000円。
アウターとなると10000円越えるくらいのもあるようですが、メーカーや素材にもよるかと思います。
それこそTPOに応じて普段着なんかにはラフで可愛いデザインのものを、ちょっと旅行なんかに行くときにはお出かけ着としてデザインにこだわりがあるものを着せたいものですね。
「買うのもいいけど作ってあげたい」と思う飼い主さんも多いようです。
作ってあげればオリジナルになるわけですし、思い出にもなりますよね。でも、人間の洋服ならなんとなく作れる気がするけど・・それこそ雑巾しか縫ったことない・・等、愛犬の洋服とはいえ、難しく感じるかもしれません。子供服とも全く違うものですから。
でも犬の洋服にもちゃんと型紙があるので型紙を使いコツさえつかんでしまえば今まで裁縫をやらなかった人でも意外と出来てしまうようです。
ただ、いくら何でもミシンを使わずに手縫いで作るのはオススメ出来ません。動く動物ですから。
散歩途中で縫い目が裂けてしまったなんて事があったらかわいそうですね。
手作りの際は手縫いを避けましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:40 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬服は本当に必要なの?

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
犬服は本当に必要なの?



犬洋服を着せる目的は皮膚や外気からの保護というのは先程から何度か触れてきたのですが、では人間のように真夏に洋服を着せることによって汗を吸収したりする意味もあるのでしょうか。
人間は汗をかきますね、犬は汗をほとんどかかないそうです。
そういえばあれだけ夏でも動く動物なのに大量に汗をかいているのは見たことがありません。
洋服を着せることによって汗を吸収するイメージは人間の洋服の役割の一つにあるようにイメージしてしまいがちです。
ですが汗の吸収という意味で考えてみると犬に洋服を着せる意味はないようです。寒さと暑さのどちらに強いかというと比較的寒さに強いということのようなのでそういった観点から考えて犬には洋服は必要ないという方もたくさんいらっしゃるわけですね。犬は熱の発散が苦手なのだそうです。
根本的なことを考えると毛がある動物というのは犬をはじめ、保温の方を得意としますね。
皮膚が弱い等、洋服を毛の役割の延長で必要としている意外にはむやみに着せるものではないということがよくわかります。
飼い主さんならば愛犬の特徴はよく理解しているのは当然かとおもいますが、ここ最近で皮膚が弱かったりする犬が増えたとはいえ、24時間毎日着せるというのは犬にとってもストレスに感じてしまうかもしません。これまで様々な洋服を紹介しましたが、必要に応じて着せるということ、長時間着せることは避けるということも考えなくてはなりません。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 07:57 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬洋服に抵抗がある場合

ペットと暮らそう 犬洋服 ペット保険
犬洋服に抵抗がある場合




今は犬洋服は人間の洋服と同じくらいのブランドや販売店が多くあります。
ここ最近でかなりの数が増えているようです。高級外国ブランドでも取り扱っているのをみかけますが、それなりにお値段も人間の洋服よりも高かったりします。ブランド志向の方もいれば、手作りにとことんこだわっている方様々ですよね。

犬洋服を着せることについては2つに意見がわかれていますが、犬に洋服を着せることを推奨している動物病院なんかですとそこで洋服を販売しているところもあります。
品数でいえばインターネットショップや専門店に比べて少ないのでしょうが、たまたま動物病院にいって推奨されて初めて犬に洋服を着せる意味を知る場合もあるかとおもいます。
推奨されたからといって必ず洋服を着せなくてはいけないのかとなるとそうではないのかもしれませんが、中には飼い主さんでも犬洋服を着せることに抵抗があって推奨されたけどなかなか踏み出せずにいるという飼い主さんもいるとおもいます。
まずはいろんな情報を収集することがよいと思います。犬を飼っている家庭はたくさんありますので近所や友人からの情報やサークル本、または他に病院を数件まわってみて考えるということでもよいでしょう。
犬に洋服を着せることに抵抗がある方は1つの情報だけで決めずにいろんな情報を集めた上で着せるか着せないか決めるのも愛犬への思いやりだと思います。安易に着せるのではなくじっくり考えて選択してあげましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:28 | Comment(0) | 犬洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
犬洋服 選び方犬洋服 種類犬洋服 役割犬洋服 買い物犬洋服 流行は?犬洋服 採寸犬洋服 汚さない為のオムツ犬洋服 オムツカバー犬洋服 洗濯犬洋服 オーガニックTシャツ犬洋服 フォーマル用犬洋服 夏場の犬洋服犬洋服 冬の犬洋服犬洋服 防寒服犬洋服 リサイクルでの犬服犬洋服 雨用2犬洋服 バリエーション犬洋服 犬の着物犬洋服 犬の袴 犬洋服 リゾート犬洋服 毛玉犬洋服 通気性犬洋服 防虫効果犬洋服 犬の生理犬洋服 機能的な犬洋服犬洋服 紫外線と犬洋服犬洋服 冷えと犬洋服犬洋服 犬服に抵抗がある場合犬洋服 犬服の必要性
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。