元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


| 犬洋服編 | ペット保険編 |

ペット保険 実額保障タイプ

ペット保険の保障種類には大きく分けて2種類あります。定率保障タイプと実額保障タイプです。
定率保障タイプは上限があるが、ペット保険会社と提携している病院であれば、すぐに割引が可能ということは説明してきました。
ではもう一つの実額保障タイプとはどういったものなのでしょうか。
あまり聞きなれない言葉ではありますが、これもやはりメリットとデメリットというものがあります。
まずは内容としてですが、入院や怪我、通院、手術などで実際にかかった費用を保障している限度額まで支払う、といったものがこの実額保障タイプというものです。
実額保障タイプの良いところは通常、年間で保障できる回数というのを定めている保険が多いですが、この実額保障タイプについてはそういった回数の定めがないところが最大のメリットです。
なので、病気がちや高齢で病院にいく回数の多いペットを飼っているご家庭ではこういったタイプの保険に加入している方も少なくないと思います。
ただし必ずしも回数の制限がないということではなく、制限がない場合の方が多いというだけですのでそのあたりは回数を定めているのか念のため確認したほうが良いでしょう。
一方、デメリットといいますと、回数の制限がない代わりに保障される年間での金額に制限があるということですので回数が重なったゆえに金額がかさむ場合はこういった保障というのは検討するほうが良いかもしれません。
いずれにしてもメリットとデメリットの両方を踏まえたうえでの選択が一番良いのでペットにとってどちらがより合っているかをよく考えたほうが良いのは言うまでもありません。

ペットフード・ウェアをはじめ、5000点以上の品揃え。
消耗品から本格犬小屋まで。
通販サイト「ペットと暮らす生活
体高1.67メートルのキリンの赤ちゃん ≫続きを読む
posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 08:02 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の必要性

ペット保険の必要性
ペットと暮らそう 犬洋服 ペット保険

ペットを保険に加入させていない飼い主さんはたくさんいると思います。必ずペットを保険に入らせなければいけないのかというとそうではありません。
それは飼い主さんやペットの状況に応じて決めることなのでもちろん必要性を感じない、金銭的なことで加入は難しい等理由があって加入しないペットもたくさんいます。
ですが、万が一病気になったときに病院に連れて行くと意外と治療費が高いことにびっくりすることも少なからず経験している方も多いと思います。

ペットとおでかけ 首都圏から’09~’10 (るるぶ情報版 首都圏 5)

ペットとおでかけ 首都圏から’09~’10 (るるぶ情報版 首都圏 5)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2009/02/09
  • メディア: ムック





ペット保険の必要性≫続きを読む
posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 17:47 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険加入の流れ

ペット保険加入の流れ
ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険

ペットの保険に入るまでにどれくらい時間がかかるのか、審査には何か特別なことが必要なのか加入までの流れはどういう形になっているのか等、色々調べていくと種類も豊富ですし、候補を絞ってペットがその保険会社の条件を満たしているかも含め大変な作業ですよね。

加入までの大まかな流れは、まず条件を満たしていることを確認したうえで申し込みをします。
申し込み方法として、インターネットはもちろんですが、書類を請求し書面にて申し込みます。
申し込みがあったところで保険会社は自己申告の内容に沿って確認や審査をします。
ペット保険加入の流れ≫続きを読む
posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 12:23 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の加入条件

ペット保険の加入条件
ペット と暮らそう 犬洋服 ペット保険

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと (特別編) [DVD]
我が子のようにかわいいペットをいざという時のために保険に加入させる際、やはり条件というものが保険会社それぞれにあります。
おおまかな条件はどこの保険会社でも変わらないようです。いくつか例をあげてみましょう。

sibaken.jpg

まずはペットが現在健康であること。
これは条件や審査を必要としているところはどこの保険会社でも条件としている内容です。
他には家庭で飼われているということ。販売目的であったり興行用であったりするペットには適用できないということですね。
過去に特定疾患になっていないか。特定疾患の内容としては心疾患やフィラリア感染症等。
特定疾患の内容は複数ありますので加入の際は確認する必要があります。
仮に今は健康であるが、少し前に病気をしていた場合に加入できるのかどうか。
この場合は現在健康である、病気は完治したということがわかるような証明があれば加入できるところが多いです。
また、加入の際に健康診断が必須なのかということも疑問に思うと思いますが、大体の保険は健康診断を必須としていないようです。
とても楽ですね。加入できる年齢は何歳からなのか。これは保険会社によってまちまちです。
生後間もない赤ん坊の状態から加入できるところは少ないようですが、数ヶ月たったペットであれば加入できるところは多々あるようです。また、加入を継続できる年齢も決まっているようなので確認しておきましょう。
対象動物は犬や猫はもちろんのこと、鳥類やフェレットも加入できる保険を備えている会社もあります。


『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』&『プラダを着た悪魔』ツイン・パック(アマゾン限定) [DVD]

『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』&『プラダを着た悪魔』ツイン・パック(アマゾン限定) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD






posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 18:12 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の入会金

ペット保険の入会金

ペットの保険の種類は様々ですが、入会金や年会費があるようなので保険会社を複数調べる必要があります。
保険会社によって入会金や年会費は金額の差があります。
入会金は特に契約の初めに払うものですから、入会金を払ったけどやっぱり他の保険にしたいと後悔しないように気を付けなければなりません。
ペットの種類によって入会金や年会費が違うのか、一律なのかという確認もしておいたほうが良いでしょう。
必ずしも入会金や年会費を必要としている保険会社しかないとは限りませんが、保険団体への加入があるために初期の費用としてかかるのが理由とみられます。
飼っているペットの状態にもよるかもしれませんが、実費でお医者さまに診ていただくよりかは遥かにお金の面でもいざという時のためには楽だと思います。保険会社によっては期間限定のキャンペーンなどで「入会金無料」や「入会金半額」と時々行っているところもあります。
キャンペーンを行っていない時でも大体の入会金の相場は1000円から5000円くらいが妥当とみて良いでしょう。
年会費の相場は2000円くらいから4000円くらいが一般的です。
入会の際に登録するペット数がどの保険会社でも制限されていますが、例えば5匹まで登録可能であっても入会金や年会費はペット数によって増えるわけではないのでそこは安心です。入会費、年会費ともに発生する場合は契約の時点で両方とも保険会社に支払う仕組みになっています。

ペットはあなたのスピリチュアル・パートナー

ペットはあなたのスピリチュアル・パートナー

  • 作者: 江原 啓之
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2007/09
  • メディア: 単行本




posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 11:26 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の選び方


大切なペットの保険選びは

保険スクエアbang!/ペット保険


ペット保険の選び方

皆さん、ペットは何を飼っていますか?最近は犬や猫に留まらずペットを飼う人が本当に増えていますね。
我が家のペットは家族同然。そんなペットもやはり生き物ですから、病気をしたりケガをしたり…あたりまえですがそんなことがあったらやはり家族としては心配ですよね。今はペットの保険があるというのは皆様ご存知ですか?
人間の病気や事故などの保険以外にもペットの保険というのが普及しはじめています。
ペットの中でも高齢化が進んでいるからでしょうか。人間が入る保険と同様、今は健康でもいつ、何があるかわかりませんよね。
そんなときに保険というのは強い味方です。ですが中には「無理やり入らされてしまうのでは」ですとか「資料を請求しただけなのにしつこい勧誘はないのかしら」、「いまいちシステムが難しくて」というのはだいたいの人が保険を選ぶときに不安に思ったりする要素となりますね。今は保険の種類は数え切れないほどの数があります。
保険を選ぶときにはメリットとデメリットを把握しなければなりません。
そのメリットとデメリットが納得できなければ後で「話が違った」などのトラブルも防ぐことになります。慎重に選ぶことです。
そのためにはコールセンターで相談員の方に希望や保障内容を詳しく聞くことです。
お電話が難しい場合は資料の請求をし、熟読することが大事です。
資料のお得な情報だけで選んではいけないということですね。
資料はわかりづらい部分がありますが、参考にするポイントは金額、保障内容はもちろんのこと、その保険会社での目玉商品というのが必ずあります。
その目玉商品が将来的にメリットになるかどうか含めシミュレーションをすると良いでしょう。
犬3.jpg

大切なペットの保険選びは

保険スクエアbang!/ペット保険

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 06:03 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険選ぶ心得

■ペットの保険選びは!【保険スクエアbang!/ペット保険】■


ペット保険の心得
ペットと暮らそう 犬洋服 ペット保険

ペットが病気や怪我によって病院で治療などを受けた場合、治療費は全額自己負担になることはペットを飼っているご家庭、特に犬や猫を飼っているご家庭はご存知かと思います。
全額自己負担というのは結構な金額になりますが、かといってペットの保険の種類が豊富かというとそうではありません。
一番良いのは病気や怪我をしないことが一番というのは言うまでもありませんが、やはり健康であって病気をしていなくても誤って何かを誤飲してしまい、急いで病院に連れて行ったら結構な金額を負担することになってしまってご飯を節約しなければならなくなった、なんてことがあったらかわいそうですよね。
なので、安心を飼うという意味で保険に入っておくのは良いことです。
掛け金の割に給付金額が少なかった、最初は自己負担で後からお金が戻ってくるので、最初は金銭的につらくなってしまうといったデメリットはありますが、逆を考えると少ない掛け金でいざというときにはやはり助かるものだと思います。
保険というのは自分が思っていたとおりにはならないことが多々あります。
∪*^ェ^*∪大切なペットの保険選びは!

飼い主さんも少ないとはいえ、お金を払っているのですから要望を主張するのは当然のことです。
ですが、犬や猫は一生の内にまったく病気をしない保障はありません。
平均的に犬は予防接種など含め毎年数万かかりますし、猫の場合、毎年犬よりかはかからなくとも、やはり3万円くらいはかかります。
そうなると自己負担で治療費を払うというのはやはり突然な出来事が多いだけにつらいものです。そういった理由から加入される方が多いようです。





posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 17:46 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの健康診断




愛犬生活応援shop★わんネバショッピング  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

ペットの健康診断
ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険

皆さんはペットが病気にならないように普段からどういうことに気をつけていますか?
食事はもちろんですが、運動や気温などのさまざまな理由から大切なペットを毎日守り続けているのではないかと思います。
健康診断や定期健診のような現在目に見えない症状があるのかないのか知る機会というのがありますね。
人間でもそうですね。
現在は健康だと思っていても健康診断にいったら成人病になりかかっていた、ということは中高年の方にはよく見られる光景です。
最近は人間でいえば「メタボリック」という言葉がはやっていますので、意識をして気をつける方が増えています。
動物にはメタボリックという言葉は当てはまらないと思うのですが、やはりペットが健康にみえていても不安。
隠れた病気が発覚して「保険に入っておけばよかった」と後悔する方も少なくないと思います。
保険に加入するきっかけはみなさんそれぞれだと思いますが、加入の際には健康診断を必要としない保険もあります。
ですが、ペットとして多くの家庭が飼っている犬を例にあげますと、ある程度の年齢を過ぎたらやはり保険の加入有無にかかわらず健康診断をしておいたほうがよいと言えます。年齢を重ねているからこそ必要ですし、ペットの状態をしる大事なツールでもあります。
健康診断の内容としては心電図や超音波があります。人間の健康診断に似ていますね。
今、人間と同じでペットも高齢化が進んでいるそうです。健康維持の秘訣は飼い主さん次第でもあります。



posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 19:23 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物由来感染症





momobgyoko.JPG

動物由来感染症
ペットと暮らそう犬洋服とペット保険

動物由来感染症とは、動物から人へとうつる感染症です。
動物由来感染症の原因となる病原体は、時には何メートルにもなる寄生虫からウイルスまで様々な種類があります。
ウイルスが原因である感染症は狂犬病・インフルエンザ・日本脳炎、細菌が原因のペスト・サルモネラ症などがあります。

日本では、平成11年4月1日に感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)と改正狂犬病予防法が施行されています。
これらの法律は、日本での新たな感染症の発生に備え、そして、新しい対策を確立するためのものです。

日本では、昭和32年以降、狂犬病は発生していません。
現在、狂犬病予防の対策として、飼い犬の登録・予防接種・未登録の犬の捕獲、抑留・犬、猫、アライグマ、狐、スカンクの検疫が行われています。
検疫を受けた犬、猫、アライグマ、狐、スカンクでなければ、輸出入はできません。

動物由来感染症にかからないための対策は、正しい予防法を身につけることです。
ペットを飼っている人は、大切なペットからの感染を防止しなくてはなりません。
犬を飼っている人は必ず登録し、予防接種を受けさせましょう。
動物の口や爪にウイルスなどがいる場合があるので、口移しで餌を与えないようにしてください。
ペットと一緒に寝ると、寝ている間にひっかかれて感染することもあります。
ペットの身の回りを清潔に保ち、糞尿の始末を行い、動物に触った場合には、しっかり手洗いをして病気にならないよう感染を防ぎましょう。
そして、かかりつけの動物病院を持ち、病気の予防など様々なことを相談できる体制を作りましょう。

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 10:31 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険は大切

人とペットの自然食『我が家の自然食本舗』
  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG



ペット保険は大切

たくさんのペットの保険について述べてきましたが、ペットは家族の一員であると思うとやはりお金をかけることは悪いことではないのがわかります。
ペットにお洋服や食費にお金をかけるのも良いですが、どうせお金をかけるのであればペットが健康で元気にいつまでも一緒に楽しく暮らせるように保険に少しでもお金をかけてあげることによって安心を買い、急なトラブルにでもあせらずに対応できるということが大切であります。
今、世の中は不況真っ只中です。
そんな暗い世の中でも仕事から帰ってペットの顔を見るだけで私たちは元気と勇気をもらっているのです。
なので、飼い主さん自身が自分を大切にすることももちろん大事ですし、ペットの日々の生活に気を使い長い間なるべく病気や怪我をせずに一緒にすごしていければそれが家族にとって、ペットにとっての幸せでもあるのではないでしょうか。
ペットの保険も規制がかかりだいぶ見直されてきました。
情報なども豊富ですので選ぶときの参考にできるものはたくさんあります。
なので、失敗もしにくいということもあるので、お金を出す以上は完璧を求めたいですが、最初からたくさん不安要素を抱えずにまずは疑問に思うことは保険会社に確認をしてクリアーにしたところで加入した方がよいでしょう。
そして自分が得た情報は果たして合っているのだろうかと違うところから情報を確認してみても良いでしょうし何よりも下調べが大切なのであいまいにはしないことです。


携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集


お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ


posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 08:08 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険加入の流れ

リーベが運営するペット用品通販サイト

「ペットと暮らす生活   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

ペット保険加入の流れ
ペットと暮らそう ペット保険 犬洋服
犬3.jpg

ペット保険に入るまでにどれくらい時間がかかるのか、審査には何か特別なことが必要なのか加入までの流れはどういう形になっているのか等、色々調べていくと種類も豊富ですし、候補を絞ってペットがその保険会社の条件を満たしているかも含め大変な作業ですよね。
加入までの大まかな流れは、まず条件を満たしていることを確認したうえで申し込みをします。
申し込み方法として、インターネットはもちろんですが、書類を請求し書面にて申し込みます。
申し込みがあったところで保険会社は自己申告の内容に沿って確認や審査をします。
審査を行っていないところは審査をする保険会社より若干スムーズかもしれません。審査が通った時点で加入決定となします。
今、流れを説明したところでわかるように、インターネットで申し込みかつ、審査の必要のないところが一番加入までには比較的早いということですね。早いだけが良いということでは決してないのですが、調べるのに時間がかかりすぎてしまって早く加入させてあげたいという方にとっては良いと思います。ですが契約時にはペットの写真も送る必要があるところが多いので加入段階で準備するものに不備がないか確認しましょう。大体は写真、印鑑、必要に応じて健康診断書があれば大丈夫です。
注意としては審査中などの正式加入までの間はもちろん保障対象にはなっていませんので書類や申請をした時点で保障が始まっているわけではないので気をつけましょう



大切なペットの保険選びは

保険スクエアbang!/ペット保険



posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 17:37 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険【加入条件】

ペットと暮らそう ペット保険 犬洋服
ペット保険【加入条件】





我が子のようにかわいいペットをいざという時のために保険に加入させる際、やはり条件というものが保険会社それぞれにあります。
おおまかな条件はどこの保険会社でも変わらないようです。いくつか例をあげてみましょう。
まずはペットが現在健康であること。これは条件や審査を必要としているところはどこの保険会社でも条件としている内容です。
他には家庭で飼われているということ。販売目的であったり興行用であったりするペットには適用できないということですね。
過去に特定疾患になっていないか。特定疾患の内容としては心疾患やフィラリア感染症等。特定疾患の内容は複数ありますので加入の際は確認する必要があります。仮に今は健康であるが、少し前に病気をしていた場合に加入できるのかどうか。
この場合は現在健康である、病気は完治したということがわかるような証明があれば加入できるところが多いです。
また、加入の際に健康診断が必須なのかということも疑問に思うと思いますが、大体の保険は健康診断を必須としていないようです。
とても楽ですね。加入できる年齢は何歳からなのか。これは保険会社によってまちまちです。
生後間もない赤ん坊の状態から加入できるところは少ないようですが、数ヶ月たったペットであれば加入できるところは多々あるようです。また、加入を継続できる年齢も決まっているようなので確認しておきましょう。
対象動物や猫はもちろんのこと、鳥類やフェレットも加入できる保険を備えている会社もあります。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 09:41 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の入会金

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
ペット保険の入会金




ペットの保険の種類は様々ですが、入会金や年会費があるようなので保険会社を複数調べる必要があります。
保険会社によって入会金や年会費は金額の差があります。
入会金は特に契約の初めに払うものですから、入会金を払ったけどやっぱり他の保険にしたいと後悔しないように気を付けなければなりません。
ペットの種類によって入会金や年会費が違うのか、一律なのかという確認もしておいたほうが良いでしょう。
必ずしも入会金や年会費を必要としている保険会社しかないとは限りませんが、保険団体への加入があるために初期の費用としてかかるのが理由とみられます。
飼っているペットの状態にもよるかもしれませんが、実費でお医者さまに診ていただくよりかは遥かにお金の面でもいざという時のためには楽だと思います。
保険会社によっては期間限定のキャンペーンなどで「入会金無料」「入会金半額」と時々行っているところもあります。
キャンペーンを行っていない時でも大体の入会金の相場は1000円から5000円くらいが妥当とみて良いでしょう。
年会費の相場は2000円くらいから4000円くらいが一般的です。
入会の際に登録するペット数がどの保険会社でも制限されていますが、例えば5匹まで登録可能であっても入会金や年会費はペット数によって増えるわけではないのでそこは安心です。
入会費、年会費ともに発生する場合は契約の時点で両方とも保険会社に支払う仕組みになっています。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ペット保険の免債期間 ペット保険の規制ペット保険選びの注意ペット保険のメリットペット保険の保障種類1ペット保険の保障種類2ペット保険は大切

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 09:02 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の上手な選び方

ペットと暮らそう 犬洋服 ペット保険
ペット保険の上手な選び方

0116cuver-allporo2.jpg


皆さん、ペットは何を飼っていますか?最近は犬や猫に留まらずペットを飼う人が本当に増えていますね。
我が家のペットは家族同然。そんなペットもやはり生き物ですから、病気をしたりケガをしたり…あたりまえですがそんなことがあったらやはり家族としては心配ですよね。
今はペットの保険があるというのは皆様ご存知ですか?
人間の病気や事故などの保険以外にもペットの保険というのが普及しはじめています。


ペットの中でも高齢化が進んでいるからでしょうか。人間が入る保険と同様、今は健康でもいつ、何があるかわかりませんよね。
そんなときに保険というのは強い味方です。ですが中には「無理やり入らされてしまうのでは」ですとか「資料を請求しただけなのにしつこい勧誘はないのかしら」、「いまいちシステムが難しくて」というのはだいたいの人が保険を選ぶときに不安に思ったりする要素となりますね。今は保険の種類は数え切れないほどの数があります。
保険を選ぶときにはメリットとデメリットを把握しなければなりません。
そのメリットとデメリットが納得できなければ後で「話が違った」などのトラブルも防ぐことになります。慎重に選ぶことです。
そのためにはコールセンターで相談員の方に希望や保障内容を詳しく聞くことです。
お電話が難しい場合は資料の請求をし、熟読することが大事です。
資料のお得な情報だけで選んではいけないということですね。
資料はわかりづらい部分がありますが、参考にするポイントは金額、保障内容はもちろんのこと、その保険会社での目玉商品というのが必ずあります。
その目玉商品が将来的にメリットになるかどうか含めシミュレーションをすると良いでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

横浜開港150周年記念 「Y150ドリームフロント」のイベント横浜開港150周年記念 「ヒルサイドエリア」のイベント横浜開港150周年記念 「マザーポートエリア」


posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 08:29 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大切なペットにペット保険

ペットと暮らそう 犬洋服 ペット保険
大切なペットにペット保険




たくさんのペットの保険について述べてきましたが、家族の一員であるペットを思うとやはりお金をかけることは悪いことではないのがわかります
犬洋服や食費にお金をかけるのも良いですが、どうせお金をかけるのであればペットが健康で元気にいつまでも一緒に楽しく暮らせるように保険に少しでもお金をかけてあげることによって安心を買い、急なトラブルにでもあせらずに対応できるということが大切であります。
今、世の中は不況真っ只中です。
そんな暗い世の中でも仕事から帰ってペットの顔を見るだけで私たちは元気と勇気をもらっているのです。
なので、飼い主さん自身が自分を大切にすることももちろん大事ですし、ペットの日々の生活に気を使い長い間なるべく病気や怪我をせずに一緒にすごしていければそれが家族にとって、ペットにとっての幸せでもあるのではないでしょうか。
ペットの保険も規制がかかりだいぶ見直されてきました。
情報なども豊富ですので選ぶときの参考にできるものはたくさんあります。
なので、失敗もしにくいということもあるので、お金を出す以上は完璧を求めたいですが、最初からたくさん不安要素を抱えずにまずは疑問に思うことは保険会社に確認をしてクリアーにしたところで加入した方がよいでしょう。
そして自分が得た情報は果たして合っているのだろうかと違うところから情報を確認してみても良いでしょうし何よりも下調べが大切なのであいまいにはしないことです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春旅行 海外グルメ!春旅行 海外グルメ!(ヨーロッパ・北欧)春旅行 海外グルメ!(ヨーロッパ・北米)

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 09:11 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の選び方

ペットと暮らそう ペット保険
ペット保険の選び方


皆さん、ペットは何を飼っていますか?

最近は犬や猫に留まらずペットを飼う人が本当に増えていますね。
我が家のペットは家族同然。そんなペットもやはり生き物ですから、病気をしたりケガをしたり…あたりまえですがそんなことがあったらやはり家族としては心配ですよね。
今はペットの保険があるというのは皆様ご存知ですか?
人間の病気や事故などの保険以外にもペットの保険というのが普及しはじめています。


ペットの中でも高齢化が進んでいるからでしょうか。人間が入る保険と同様、今は健康でもいつ、何があるかわかりませんよね。
そんなときに保険というのは強い味方です。ですが中には「無理やり入らされてしまうのでは」ですとか「資料を請求しただけなのにしつこい勧誘はないのかしら」、「いまいちシステムが難しくて」というのはだいたいの人が保険を選ぶときに不安に思ったりする要素となりますね。今は保険の種類は数え切れないほどの数があります。
保険を選ぶときにはメリットとデメリットを把握しなければなりません。
そのメリットとデメリットが納得できなければ後で「話が違った」などのトラブルも防ぐことになります。慎重に選ぶことです。
そのためにはコールセンターで相談員の方に希望や保障内容を詳しく聞くことです。
お電話が難しい場合は資料の請求をし、熟読することが大事です。
資料のお得な情報だけで選んではいけないということですね。
資料はわかりづらい部分がありますが、参考にするポイントは金額、保障内容はもちろんのこと、その保険会社での目玉商品というのが必ずあります。
その目玉商品が将来的にメリットになるかどうか含めシミュレーションをすると良いでしょう。

大切なペットの保険選びは

保険スクエアbang!/ペット保険




posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 21:59 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険の規制

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
ペット保険の規制

5.jpg



ペット保険について2008年4月に規制がかかりました。
これまでは無認可ペット保険が履行しており、トラブルも多々あったと見られます。
今まで無認可で行っていた業者などはトラブルなく今まで行ってきていたとしても規制がかかったことによって認可されるために保険会社になるのか撤退してしまうのか選択をせざるを得ない状況となりました。
なので、現在はペット保険の数は少ないですが、認可されているという安心感があります。
その中で小額短期保険会社というのが存在しますが、保険会社とどう違うのかといいますと、名前のとおり小額の保障です。
そして期間は短期間ということなのですが、だいたい1年から2年という期間になっているようです。
長く加入できる保険会社を選ぶか短期間でどのようなものか知っておきたいので、短期間の保険に加入するかは飼い主さん次第です。
今まで無認可の保険に加入していた方は2008年の4月をきっかけに大変だったと思いますが、規制がかかってからは無認可の保険業者が正式な保険会社に意向するには大変なことだといいます。
なので、中には会社からの進捗連絡待ちで保障が宙に浮いてしまっていたペットも少なくはないと思うのです。
結果的に廃業してしまった無認可の業者は何もすることはできないので泣き寝入りになってしまうケースも少なくはないようです。
法律の規制がそこにないために今までの掛け金が無駄になってしまったケースも少なくはありません。
加入をする前に事前確認はとても重要です。資料をしっかり読み、担当者に十分確認してください。


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

大切なペットの保険選びは

保険スクエアbang!/ペット保険

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 08:45 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険 免債期間

ペットと暮らそう犬洋服とペット保険
ペット保険 免債期間

090301.jpg

ペット保険に加入させると決めいざ加入をさせたら偶然なのか、加入後まもなく突然病気になってしまったまたは怪我をしてしまった。
保険には入っているけれどまだ掛け金は数回しか払っていない。いったい給付金はもらえるのか?それとも今回は実費で一定期間払ってからでないと給付されないのか?こういった場合は本当に困ってしまいますね。唯一ペット保険に加入しておいたという安心感だけがある状態で不安やわからないことばかり。
でもそれが当たり前なのです。保険に加入する前に散々説明は受けたけど、いざペットが病気になったりするとパニックになります。
そうならないために最低限のことは頭に入れておきたいですね。
まずは加入後間もないうちに病気になってしまったら給付は支給されるのでしょうか。
加入後の一定期間は「免債期間」というのがあります。この免債期間というのは何かといいますと、期間としては数十日間です。
その間は病気や怪我に対して保険会社は保障しなくても良いというものです。
なので、免債期間がどれくらいあるのかを契約時に確認することです。数十日といっても病気や怪我は突然あります。
予防できないものに関しては仕方ないかもしれませんが、予防できる範囲のことはこの期間は徹底して予防するべきですね。
せっかく保険に加入して安心したところで免債期間に運悪く病気や怪我になってしまっては残念ですし、避けたいところであります。
これについてはしっかりと把握しておきましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 08:51 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの入院保険

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
ペットの入院保険

090301.jpg


大切なペットがなんだか様子がおかしい。
病院に連れて行ったら入院する必要があるといわれてしまって、どうしたらよいのか慌ててしまった・・という経験はありますか?
そんなときにペットの入院保険があればいいのに、もしくはペットに対して入院を保障してくれる保険会社なんてあるのかしらと頭をよぎります。現在はペットの保険を取り扱っている保険会社というのは少ないのが現状ですが取り扱っている会社の保障内容を確認するとわかるように、入院保険というのはついているところが大半です。
なので、通院、手術、入院の3つに対しては保障している会社が多いということです。
保険会社によっては通院保障については条件があるようです。
条件というのは加入しているプランによって入っていたり入っていなかったりするということです。
手術や入院というのは頻繁に起こることではないと思いますが、通院に関しては一番利用する可能性の高いものでありますので、通院保障がどのプランの中にも入っている保険を選んだほうが無難かもしれません。
ペット保険を取り扱っている会社というのは損害保険会社と小額短期保険会社の2種類が現在ペット保険を扱っている会社だそうですが、損害保険会社でもどこの保険会社も全部取り扱っているわけではなく、2から3種類の会社での取り扱いとなります。少ないですが、その分保障もしっかりしていると思います。
保障されている内容については大差ないようですが、対象のペットや金額など、細かいところで差があるのが現在のペット保険となっています。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求
posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 08:46 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの保険料

ペットと暮らそう 犬洋服とペット保険
ペットの保険料

wan1.jpg


ペット保険は安いプランですと2000円くらいからあります。
飼っているペットの種類や年齢、大きさによっても変わってくるのですが、高額な保険料ですと2万円くらいもしくはそれ以上の金額がするプランも実際にあります。
2万円以上となってくると中年層の方の人間の保険料とあまり変わらないですね。とくに犬を保険に加入させる場合には、毎月の保険料は加入するときの体重で決まってくることが多いようです。
なので、そうすると犬をペット保険に加入させるときは早いうち、体重が軽いうちに加入させてしまうほうがお得ということなのでしょうね。
ただし、最初は金額がリーズナブルに済んでいたとしてもやはり動物も年齢を重ねていきます。
なので、ある一定の年齢になったら保険料が引き上げされることがあります。
一般論として年齢を重ねるとそれだけ病気になる確率が高くなるのかその分月々の保険料に反映されてくるということなのでしょう。
保険加入する動物は犬と猫が基本になっていますが、ご家庭で犬や猫を飼っているのは1匹だけではない家庭もあるのでそうなると動物を複数飼っていてかつ高齢となってくるとそれだけ保険料もかかってくるので飼い主さんとしても大変かとは思います。
少ない掛け金でなるべく病気も怪我もせずに健康にずっと毎日を過ごしてくれると助かりますし、何よりも安心ですね。
やはり生きている動物である以上は健康が第一というのは言うまでもありませんね。
そのためには日々の健康管理がいかに大事かということです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 犬洋服 ペット保険 記録の細道 at 07:41 | Comment(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
犬洋服 選び方犬洋服 種類犬洋服 役割犬洋服 買い物犬洋服 流行は?犬洋服 採寸犬洋服 汚さない為のオムツ犬洋服 オムツカバー犬洋服 洗濯犬洋服 オーガニックTシャツ犬洋服 フォーマル用犬洋服 夏場の犬洋服犬洋服 冬の犬洋服犬洋服 防寒服犬洋服 リサイクルでの犬服犬洋服 雨用2犬洋服 バリエーション犬洋服 犬の着物犬洋服 犬の袴 犬洋服 リゾート犬洋服 毛玉犬洋服 通気性犬洋服 防虫効果犬洋服 犬の生理犬洋服 機能的な犬洋服犬洋服 紫外線と犬洋服犬洋服 冷えと犬洋服犬洋服 犬服に抵抗がある場合犬洋服 犬服の必要性
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。